バイクチェーン清掃・メンテナンス

ちょっと久しぶりにセロー250のチェーン清掃&注油を行うにあたって
ネットでバイクチェーンメンテナンスについて調べてみました。

人によって色々とやり方は違うものですね。


この動画はYoutube動画で有名なバイク屋さんのチェーン注油方法


チェーンひとこまひとこま注油してます。



続いてこちらはケミカル製品メーカーのワコーズの営業の方のバイクチェーンメンテ方法



ケミカルメーカー営業マンだからかは知りませんが、
クリーナーもオイルもタイヤを回しながら一気に吹きかけていて、ふんだんに使ってますね(笑)
パーツクリーナーも使って一気に汚れを吹き落としています。
パーツクリーナーのシールチェーンのゴムへのダメージは気にするほどのものではないんだそうです。


両者の共通点としては、チェーンの内側からオイルを吹いていることくらいでしょうか。
バイクのプロと、ケミカル製品のプロとで、やり方が違うのは面白いですね。



他にも、一般の方で歯ブラシや綿棒を使ってひとこまひとこま汚れをかき出している方もいました。
このあたりは乗り手の性格的なところも影響してそうですね。




さて、今回は家に歯ブラシが余ってたんで歯ブラシで頑張ってみました。
ちなみにクリーナーとオイル(チェーンルブ)はKUREを使用



理由は安いから。ただそんだけです。
KUREってライダーからは嫌われがちなイメージですが(特に5-56)
このチェーンクリーナーとチェーンルブは使い勝手悪く無いですよ。



さて、まずはチェーン清掃からですが、
今回3ヶ月以上屋外保管でノーメンテだったんで、チェーンは錆び錆び&固まり気味でした(汗)

汚れはそれ程でもなく、チェーンの伸びは問題ないんで走行には支障はなかったんですけどね。


まずはクリーナーを吹きつけて歯ブラシでゴシゴシやりましたが、
やっぱり使い古しの歯ブラシは柔らかいんで汚れをかき出しにくい。
1時間くらい一生懸命ゴシゴシやってましたが、
結局はチェーンクリーナー吹きつけて布でゴシゴシで充分じゃないかという気になって来た。

屋外保管でオフロードバイクで定期に林道行くとなれば、そこまで綺麗にしても意味ないですからね。

こういう専用のブラシを使う手もありますが。



バイク屋によっては、バイクチェーン清掃は半年に一度拭くだけで充分というところもあるそうですが
屋外保管の場合だと錆びるの早いんで、ワンシーズン(3ヶ月)に一度は清掃&注油が必要ですね。
オイル交換とセットでやってれば最低限問題ない感じ。


清掃が終わったら、チェーンの内側から注油して終了。

チェーン清掃って、やればシフトチェンジのフィーリングが向上するんでやり甲斐はありますね。

しかし、今回はブレーキ&パーツ清掃もやったんで、なんだかんだ2時間かかってしまいました。
次はもっとサクッとやろう・・。


関連記事
   

コメント

初めてのお世話
セローを購入して、約2ヶ月、実質1ヶ月分ぐらいしか乗ってないのですが、oskamさんのブログを読んでいると、セローのお世話(メンテナンス)をしたくてしょうがなくなりました。
今日は、ようやく時間もとれて、天気も晴れたので、チェーンの清掃とチェーンにオイルをさしてあげました。(時期的に特に必要性は無かったのですが(^_^;))
そのあと、別用でショップに行ったのですが、チェーン清掃のブラシはこんなのがいいよ、とか、ネジの『舐める』の意味とかいろいろ、教えてもらえました♪
拙いお世話とはいえ、セローと静かに向き合える時間がとれて、とっても楽しかったです。たぶん私は、ネジを外すようなメンテナンスはできないと思うので、当分の間は、今回のようなチェーン清掃ばっかり頑張ろうと思います。

いつも役立つ楽しいブログをありがとうございます>^_^<
Re: 初めてのお世話
ちっくるさん、こんにちは。
チェーンメンテはやってあげただけ長持ちすると思いますし、乗り心地もよくなりますね。
私もメンテは自分の出来る範囲でやってますが楽しいです。
セロー大事になさってください^^

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。