奥多摩林道ツーリング

sDSC07075.jpg

4月も中旬になり、20度を超える暖かい日も増えてきたし、林道ツーリングへの装備も整ってきたので、
そろそろ今年もまた本格的な林道ツーリングへ行きたくなって来た。

横浜から下道日帰りで満足に走れる林道に行くとなると、伊豆方面か、奥多摩方面か、房総半島かの三択になる。
この日は南風がかなり強く、西湘バイパスは海水シャワーを浴びることになるだろうから伊豆は却下。
房総半島はフェリーを使うし・・
今回は奥多摩方面に決定。
名栗周辺林道はどこも通行止めのようだし、せっかくなんで新規開拓ということで、
ツーリングマップル2012に載っている奥多摩湖周辺の5km~10kmクラスのピストン林道を探検してみることにした。



9時過ぎに出発。
今回は国道16号は通りたくないので、県道で伊勢原~宮ヶ瀬~相模湖経由で奥多摩へアクセスすることに。

ところが、これが裏目に出て、信号待ちプチ渋滞の繰り返しで思いの外時間がかかり、宮ヶ瀬に着いたのが11時過ぎ。


11:00 宮ヶ瀬ダム 鳥居原

sDSC07031.jpg

宮ヶ瀬はここからの景色が一番好き。

宮ヶ瀬では道路脇で猿の一家を見た。
お父さん猿は先天的なものか、片腕がなかったが、立派に家族を守っているようだった。


この日も宮ヶ瀬では恒例のネズミ捕りが行われていた。
本当に死亡事故が多いようなんでしょうが無い気もするが、ここではせっかくの快走路も気持ちよく走ることは出来ない。


すぐに宮ヶ瀬を後にする。
ここからは交通量は減り、相模湖を過ぎて一旦山梨県に入りすぐに東京都へ。

奥多摩周遊道路を走って奥多摩湖を目指す。



名前は有名だが実は初めてだった奥多摩周遊道路。
確かに走りやすい快走路だ。ただ景色はあまり良くない。



12:50 奥多摩周遊道路 月夜見第一駐車場

sDSC07033.jpg


奥多摩湖周辺にはいくつか林道があるが、時間的に全て回るのは厳しそうなので、
今回は西(山梨)方面へ行くことにする。



まずは本日一本目の後山林道へ。
奥多摩湖のすぐ側だが、ここはもう山梨県側になる。
三条の湯という温泉へアクセスするために利用されている6km程のピストン林道で、
事前のネット情報によると、3km地点で工事により通行止めとなっているようだ。




終始フラットで、乗用車でも走れるようになっているダート。
案の定、3km程で通行止め。

sDSC07036.jpg

sDSC07040.jpg

工事期間は2013年9月30日までとなっている。

sDSC07038.jpg

車は2~3台止まれるスペースはある。
1台軽自動車が止まっていた。おそらく温泉に行っているのだろうが、
ここからだと往復2時間くらいかかると思われる。そんなに良い温泉なんだろうか。

sDSC07037.jpg

側には綺麗な渓流が流れていた。


林道を引き返し、写真を撮りながら戻る。

sDSC07042.jpg

この辺はなかなか良い感じ。
新緑が芽生え始めている。

sDSC07046.jpg

基本的に渓流沿いの岩盤を切り開いた林道で、ハードボトムの上にドライな砂利が敷かれている。



後山林道を後にし、西へ5kmほど進んで、「道の駅たばやま」の食堂「R411」で昼食。


14:00 道の駅たばやま

sDSC07049.jpg
丹波鹿かけそば600円

食堂の側なのにやたら時間がかかるなあと思っていたら、なんと手打ち蕎麦!
具もしっかり入っていて、鹿肉も美味い。
今まで蕎麦屋以外で食べた蕎麦で一番美味かった。
値段もお手頃だし、ここ「R411」の蕎麦はおすすめ!


その後は周辺を走って帰宅。奥多摩の大自然を満喫したツーリングとなった。


関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。