GoPro チェストマウントハーネスを自作

ツーリングでバイク車載動画(正確には人載動画)撮影に使っている
GoPro用のチェストマウントハーネスを自作してみました。

普通に買うと4~5千円するGoPro純正チェストマウントハーネス。
まあ、買っちゃっても良かったんですが、家にあった資材で作れそうだなと思ったんで、
以前、余ってたナイロンベルトを組み合わせて作ってみたんです。
結果、うまく撮れたんですが、ブレないようにキツめに装着する必要があり、胸が苦しい・・。

やっぱゴムベルトじゃなきゃだめだなということで、今回作りなおしてみました。


【材料】

・マウント(GoPro HD HERO2のパッケージに付いてた正方形のマウントを箱から剥がした)

・ゴムベルト×2(アジャスター付き長さ3~40cm、ヘッドライト用の家にあったもの)

・バックル(ゴムベルトに装着)

・子供用サスペンダー(ダイソーで150円で購入)

・タイラップ×4


サスペンダー以外は家にあったものなんで、かかった費用は150円だけ。


sDSC07021.jpg

ポイントは、マウントをゴムベルト4点で支えること。
マウントの四隅に2箇所づつドリルで穴を開け、タイラップでゴムベルトを固定してます。



sDSC07029.jpg

裏側はスポンジテープを張って滑り止め。



DSC07028.jpg

ピッタリとフィットして、長時間装着しても苦じゃなくなりました。
これなら釣りや歩きながらの撮影にも使えそうです。


この手の自作、DIYで失敗しないコツは、

とにかく黒で統一すること

これにつきます。
タイラップからベルトから全て黒色で統一することで、
自作で陥りがちなチープさ、ダサさをごまかせます。
近所の100均に欲しい物の黒色が無ければ、となり町の100均まで行くくらい徹底しましょう。
他の色に妥協してしまった時点で負けです(笑)

あと、材料費に2000円とかかけるくらいなら、市販品買っちゃったほうが良いです。
やっぱり見た目、使い勝手で市販品に優るものを作ることは難しいですし、作る時間や手間を考えてもね。

まあこの作り方なら100均で材料全部揃えても500円程で作れるかとは思いますが。





さて、ツーリングで実際に撮ってみました。





良い感じ。合格!

ツーリングの詳細は後日UPします。


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。