セロー250の自作AIカット(AIキャンセル)

セローで旅してたときは、ノントラブル優先=ノーマルということで、
カスタムといえばシガーソケット充電やバーライズキットくらいと、
必要最小限のカスタムにとどめていて、ほぼノーマルの状態で乗ってました。

旅を終えてオフシーズンになったこともあって、そろそろカスタムしようかな?と考えていた時に
セロー250の定番カスタムで、AIキャンセルがあることを知り、調べてみる。

セロー250オーナーのブログは数多くあるので、「セロー250 AI」とかで検索すれば、
たちまち情報は色々出てくる。

ふむふむ、キャブ仕様のセロー250では、
始動性向上、アフターファイヤー減少、パワーアップ等々、色々と効果がある様子。

FIセローだとどうなんだろ?
自分のセローは2012年モデルのFI車ですが、街乗りでの乗りづらさや、
標高2000m級の高地ツーリングでの「パタパタパタ」というアフターファイアーが解消されるなら
やる価値はある。
セロー250は02センサーがないから、インジェクション車でやっても問題ないということらしいので、
試して見ることにする。

sDSC06909.jpg

ホームセンターで0.5mm厚のアルミ板を買ってきてハサミでカットして穴あけ。



s00158.jpg

これをここに差し替えるだけ。
これなら後々効果なくてもすぐに元に戻せる。


で、実際にちょっと街を走って来ましたが、残念ながらあまり変化は感じず。
低速での中~高回転でのエンジン・排気音がちょっと太くなったかな?という感じはありましたが。
高地でアフターファイアーがどれくらい減るのか気になるので、
とりあえずこのまましばらく様子を見ることにします。


【追記】
その後何度か乗ってる内に、排気音というよりエンジン音?にはっきり変化を感じるようになりました。
以前より、低音でマイルドになってるみたい。
始動時もあきらかに低音になっているのがわかります。
以前よりパワーアップしている気もしますが、、
乗り味自体は変化がないので、きっと変わってないでしょう。
でも、以前より回すのが楽しくなったのは確か。

街乗り・標高1000m級でのツーリングではアフターファイアーは発生してません。
あとは、これが2000m級だとどうなるかですが、それがわかるのはまだまだ先になりそうです。


【更に追記】
aiキャンセル後初の給油。走行約240kmで約8リットル=燃費約30km
燃費落ちたっぽいが、ここのところ街乗り中心なのでなんとも言えない。
引き続きしばらく様子見しますか。


【更に更に追記】
aiキャンセル後2ヶ月以上経ったが、低音化があまり感じられなくなってきた。
今になって、果たして効果はあったんだろうか?という感じ。
まだ2000m級の高地にはいけてないので引き続きこのままにしておく。



関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント