北海道ツーリング2012 Day9 阿寒湖・オンネトー~三国峠~旭川

9月14日 虹別キャンプ場 曇り

今日は遂に、3日間過ごした虹別キャンプ場と道東を離れ、道央まで大移動する日。
明日からまた天気が崩れる予報なので、今日の内に美瑛・富良野まで移動しようと思っていた。
RSくんも今日は旭川まで行くらしいので、途中まで一緒に行くことになった。


sDSC03703.jpg

3日間お世話になった虹別キャンプ場。
最終日も朝方は雨が降っていたようだ。
連日天気が不安定だったためか、3日間のうち、2日間は貸切状態だった。

受付でお世話になったおばちゃんに挨拶をしてチェックアウト。
虹別キャンプ場は本当に素晴らしいキャンプ場だった。
次に北海道を旅するときも、また来たいと思う。


sDSC03711.jpg

最後にRSくんとツーショット撮影をして、出発!


まずは国道241号を西進して、阿寒湖へ寄る。



10:00 阿寒湖

sDSC03718.jpg

それにしても、RS君の積載量がすごいことになっている(笑)
2stとはいえ、125ccでこれだけ積載して走るのはさすがにしんどいらしい。


sDSC03715.jpg

sDSC03714.jpg

阿寒湖は確かにコケが多いが、この辺りからはマリモは見れないようだ
少し休憩してから出発
続いてオンネトーへ向かう


10:30 オンネトー

sDSC03736.jpg

オンネトーとは、アイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」という意味らしい


sDSC03732.jpg

標高1499mの雌阿寒岳
なかなか迫力がある


sDSC03728.jpg

逆さ阿寒富士

阿寒富士の頂上にかかっていた雲がどいた瞬間、風もピタリと止んだことで撮れた奇跡の1枚



この後は、三国峠まで一気に大移動

国道241号をひたすら西へ快走した後、国道273号を北上して三国峠を目指す。

国道241号から273号へ移行する際、ショートカットとなる北海道道468号清水谷足寄線を通ったのだが、
終始道路に垂直に亀裂が1m間隔で走っていて、スタンディングで走りたくなるような悪路。
後を振り返ると、案の定RSくんはキツそうでペースダウン。
後で聞いてみたら、「何の罰ゲームなんですかあの道」と漏らしていた(笑)



12:40 三国峠

sDSC03745.jpg

オンネトーから2時間ぶっ続けで走って三国峠に到着

sDSC03742.jpg

予想以上のスケールの大きさに、息を呑む
RSくんと2人で、ため息を漏らしていた

sDSC03754.jpg


三国峠を越えて、層雲峡へ


13:30 層雲峡

sDSC03759.jpg

次々と違った表情を魅せる北海道の大自然

お次は銀河の滝へ

sDSC03761.jpg

ここで、白バイそっくりの格好をしたライダーとすれ違う
マニアなのか、確信犯的に楽しんでいるのか、いずれにしろどこ行っても嫌われるでしょあれは
ってな話をRSくんとしていた



その後道は国道39号となり、交通量も増えてきた。



15:00 旭川市

旭川市街に入ると、真夏のような灼熱地獄。

もう9月中旬だというのに、今年の北海道は記録的な猛暑により、この日は30度超。



sDSC03767.jpg

おかげで、旭川ラーメンを食べたら汗だくになってしまった。

因みに梅光軒で食べたのだが、味にパンチがなくがっかり。
これは旭川ラーメンリベンジしないとな・・

今日は自分は富良野まで行くつもりだったが、無理するのも良くないし、
RSくんと一緒に旭川市内のキャンプ場に泊まることにした。



16:30 とうまスポーツランドキャンプ場

明日、RSくんは旭山動物園に行く為に、近くのこのキャンプ場に来たのだが、
スポーツ施設がメインで、キャンプサイトは斜傾地で目の前は交通量の多い道路という場所。
まあ、旭川市近郊だししょうがないかな。


sDSC03769.jpg

アマガエルがいたので捕まえてみせると、RSくんは興奮していた(笑)
なんでも、東京ではアマガエルは見ないから珍しいらしい。

とうまスポーツランドには入浴施設が併設されていたので、ひとっ風呂浴びる。
浴場は地元の人達で賑わっていた。
この時日ハムは優勝争いの佳境で、掃除のおばちゃんを含め皆が休憩室のテレビを見ていた。

風呂あがりにRS君にこの先どうするのか聞くと、あと5日間くらいは札幌を中心に北海道に残るらしい。
でも天気予報は明日からずっと雨だし、
RSくんのバイクは3日前に電気系統の不具合でシガーソケットが壊れたり、
過積載がたたってチェーンが伸び伸びになっていたりと危険な状態。
充電は自分のモバイルバッテリーを貸していたので、
明日俺がいなくなったら充電とかどうするの?と聞くと、「なんとかします」との返答。大丈夫か?

無理しないで、明日一緒にフェリーで帰ったらどう?と、冗談半分で提案してみると、
「それもありかも・・」としばらく考えこんでから、「よし、決めた!明日俺も一緒に帰ります」との返答。
本当にいいの?と念のため聞いといたが、天気もずっと悪いし帰ることに決めたらしい。

かくして、北海道ツーリング後半は最後までRSくんと旅を共にすることとなった。


明日はいよいよ最終日となる。


9日目の走行距離:約310km


大きな地図で見る

関連記事
   

コメント

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。