【コロナ禍か】4月のバイク事故件数が倍増 その原因とは

kikenunten.jpg
神奈川県内の4月のバイク事故件数が昨年と比べて2倍発生したとの発表がありました。神奈川は元々バイク事故が多いのでそれが2倍となるとこれは非常事態です。
原因について考えてみたいと思います。




4月といえば最も自粛ムードが強かった期間ですが、まさかの倍増。

一体なぜ?




コロナの影響でバイク通勤が増えた?

まず理由として考えられるのはコロナの影響で密を避けるために電車・バス通勤からバイク通勤に切り替えた人が増えたことによる影響。



このこと自体は良いことだと思いますが、それにしたって事故件数2倍は増えすぎ。

他にも原因があるのでは。





交通量が減ってスピードUP



自粛の影響で交通量が減り交通事故自体は減少しているそうですが、道路が空いたためにスピードを飛ばすドライバーやライダーが増え、その結果バイク事故が倍増してしまったことが考えられます。








悪質ドライバーが増加?



コロナでドライバーの心理状態が不安定化しているのではないかという指摘もあります。

コロナによるイライラやストレスの発散から運転が荒くなっているのではないかというもの。

今後経済情勢の悪化で無保険ドライバーが増える懸念も。





まとめ

以上のように、4月の神奈川のバイク事故件数倍増は、バイク通勤をする人の急増と、スピードを出しがちな道路状況と心理状態が原因として考えられます。

密を避けるためにバイク通勤が増えることは良いことだとは思いますが、事故で死んでしまっては元も子もないですからね。

今こそ是非とも自衛運転を徹底して気をつけてもらいたいと思います。



関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。