東京から山梨へツーリング→転倒・重症の男実名報道に物議

G0239734-m3.jpg
中高年のバイク事故といえば数年前のリターンライダーブームの時に急増して問題になりましたが、今回は違った形で中高年のバイク事故に対して批判が殺到しています。そのニュースがこちら


26日午前10時35分ごろ、山梨県甲州市塩山上萩原の国道411号で東京都内の会社員男性(56)のオートバイが転倒。男性は背骨を折るなどの重傷を負った。

 日下部署によると、男性は都内のツーリング仲間2人と青梅方面から山梨市牧丘町方面に走行中、右カーブでバランスを崩した。

 山梨県は新型コロナウイルスの緊急事態措置として、5月6日まで観光・レジャー目的での来県の自粛要請を行っている。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000503-san-hlth





このニュースに対してヤフーニュースのコメント欄では案の定「こんな時に非常識・迷惑かけるな」というような批判的なコメントが多いですが、その一方で犯罪を犯したわけでもないのにまるで晒し上げるかのように実名報道した産経新聞に対する批判が続出しています。





産経新聞は批判を受けて既に記事を修正しているようですが、産経の記事を引用しているニュースサイトではまだ実名が出てしまっているところもありますね。

これね、昔からのマスコミの悪いところなんですけど、罪の重さとかではなく世間的に批判が多そうなニュースは実名で報道するんですよ。無許可で公園でドローン飛ばした男とかね。そりゃ非常識だけども、実名はやりすぎですよね。今回の件なんかは特に自宅や勤務先に嫌がらせの電話とか殺到したりとか容易に想像できますし。


ただ、今回この男に私があまり同情しないのはここなんですよね。

>男性は都内のツーリング仲間2人と



いやいや、何故今マスツーリング

この人56歳とのことなんで体力的に仲間と一緒じゃないと不安だったのかもしれないですけど、それだったら今は行くなよと。56歳にもなって今マスツーリングに行っちゃうのは非常識以外の何者でもない。

以前の記事でも言いましたが、バイクという乗り物自体は三密を避けらるのでどうしても外出しなければ行けない人の移動手段としては良いと思うんです。それが複数台でとなったら一発で台無し。マスツーリングなんて集団で移動して集団で休憩してっていう今一番ダメな部類ですからね。


お願いだから今はマスツーリングだけはやめましょう。

せっかく回復してきたバイク乗りのイメージを落としたら自分の首を締めることにもなりますよ。

今我々バイク乗りにできることは、愛車をメンテナンスしてやってまた心置きなくツーリングができるようになる時に備えることです。


関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。