Amazonの激安USB電熱ベストはバイクの防寒対策になるのか 真冬のツーリングで検証

sdbt20097.jpg
先日Amazonで2千円台という安さに思わず買ってしまったUSB電熱ベストですが、果たして真冬のバイクツーリングでの防寒対策に効果はあるのか、実際に検証してみました。



電熱ベスト USB加熱 3段階温度調節 USB充電式 秋冬 男女兼用 洗濯可能

こちらが今回購入したUSB電熱ベスト。

安すぎて不安になる価格だが果たしてバイクの防寒対策に効果はあるのか。



sdbt20090.jpg

まず開封して鼻をついたのが靴売り場のようなゴムのような臭い。

消臭スプレーを入念に吹いたところ臭いは消えたんでよかったものの、衣料品と考えた時にちょっとこの臭いはどうなのという感じ。ちなみに洗濯は可能とのこと。

デザインはシンプルで、これを上着としてアメリカンバイクに乗っても違和感はない。




sdbt20092.jpg

ジッパーはプラスチック製で問題なし。

ここが金属製だと壊れやすいわ重いわで最悪なので一安心。





sdbt20091.jpg

裏地はフリースのような感じになっている。

製品自体は思っていたよりも普通のベストと言う感じで、本当にこんなペラペラで暖まるのかという感じ。





sdbt20093.jpg

左ポケットからUSBケーブルが出ており、ここにモバイルバッテリーを接続して使う。



sdbt20094.jpg

手持ちの10000mAhのモバイルバッテリーがすっぽり収まった。




左胸に電源ボタンがあり、ここを押すだけ。

sdbt20095.jpg
sdbt20096.jpg
sdbt20097.jpg

強、中、弱と三段階で調整が可能。





真冬の夜ツーリングで防寒対策の効果を検証

実際に冬のマグボトルコーヒーツーリングで使ってみた。

長袖シャツの上に電熱ベストを着て、その上にライトダウンジャケットという冬のツーリングとしてはあえて軽装な格好。

電源ONにして靴を履き玄関を出るころにはもう結構ポカポカしてしてきた。



sdbt20088.jpg

十分に温まると安全のために自動的に強から中になるようになっている。


この日の気温は7℃

関東平野部の冬の夜としては平均的な気温といったところか。

ただし東京湾臨海部は海風が吹きすさぶので体感温度は更に下がる。


家を出て走り出して感じたのは、腰付近がよく温められているということ。

貼るホッカイロを4枚くらい腰~背中に貼っている感じがずっと持続する感じ。

ロングツーリングでは腰にくるのでこの腰が温められている感じは非常に心強い。

目的地に付いてバイクを降りてからも当然この暖かさは続く。



sdbt20089.jpg

ホットコーヒーで更に体の内側からあたたまる。

真冬だとさっさと帰りたくなるものだが、ずっといられるので釣りにも最適だ。


帰りにドンキホーテに寄って買い物をしたのだが、店内では熱くなってきたのでOFFにしたくらい。


ちなみに2時間程の使用で10000mAhのモバイルバッテリーの4段階のメモリはひとつも減っていなかったので、10000mAh1日~2日は余裕で持つだろう。





まとめ

・腰付近を重点的に暖められる

・ダウンジャケットの下に着ると効果大

・一度使うと手放せなくなり、電熱グローブも欲しくなる



効果は期待通りのものでコスパは良いですが、今回自分が買った電熱ベストは開封時の臭いだけがネックなんで、そこは消臭スプレーなり洗濯なりで対応する心構えが必要ですね。

おそらくダウンベストタイプなら臭いはしないと思うので、気になる人は他にも色々なタイプの電熱ベストが売られているので自分の用途に合いそうなものをチョイスしてもらえればよいのではないかと思います。



関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。