小さいソロキャンプツーリング用ミニ焚き火台をレビュー

sdbt20069.jpg
昔はキャンプツーリングはなるべく荷物を減らしたい、余計なものは持って行きたくないという考えだったんですが、焚き火の良さとファイアスタンドの必要性に気付いて焚き火台を導入することにしました。今回はバイクに積載しやすいコンパクトな焚き火台の使用レビューです。



CAMPING MOON コンパクトファイアスタンド 高さ19cm 超ロースタイル 焚き火ファン メッシュシート MT-012

サイズ(収納時):約φ80×370mm
組立サイズ(完成時):高さ19cm、横24.1cm×縦24.1cm
重さ: 約0.5kg;付属品:トートバッグ
材質:メッシュシート : 特殊耐熱鋼 // スタンド : ステンレス鋼
特徴:ソロキャンプ向けのコンパクトサイズ


sdbt20060.jpg

今回購入したこの焚き火スタンドですが、決め手はなんといってもサイズ。

収納37cmなので30Lのトップケースに余裕で収まります。

sdbt20061.jpg

このサイズなら小型のシートバッグにも収まりますね。

また、重さも500gと一般的なメッシュファイアスタンドの半分の軽さで、バックパック派にも嬉しい。




sdbt20062.jpg

中身はスタンドとメッシュのみで至ってシンプル



sdbt20063.jpg

スタンドを四方に広げ



sdbt20064.jpg

スタンドにメッシュをセットするだけ



sdbt20065.jpg

完成時のサイズは高さ19cm、横24.1cm×縦24.1cm

ミニ折りたたみ椅子くらいのサイズ



sdbt20066.jpg

小さくても薪はしっかり乗ります。



sdbt20067.jpg

メッシュスタンドで風通しが良いため着火後すぐに燃えていきます。



sdbt20069.jpg

ソロキャンプならこれくらいの炎が丁度いいですね。

あまり盛大に燃やしても煙いし熱いしで癒やされません。



そして、周辺の芝や草が燃えたり焦げたりすることもありません。

これが焚き火台(ファイアスタンド)の最大のメリットですね。



ちなみに英語ではファイアスタンドではなくFire Pitと言います。

環境を壊さず快適に焚き火をするための焚き火愛好家必須ツールですね。





sdbt20070.jpg

使用後のメッシュ

ステンレス特有の焼き色が付いてます。

穴が空いたり焦げたり変形することもなく、これなら繰り返し何度も使えそうですね。


というわけで今回はバイクキャンプ・ソロキャンプに最適なコンパクトな焚き火台のレビューでした。

焚き火デビューにおすすめです。



CAMPING MOON コンパクトファイアスタンド 高さ19cm 超ロースタイル 焚き火ファン メッシュシート MT-012


関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。