予算2万円でバイクをツーリング仕様にフルカスタムするパーツ構成

DSC02672-m3.jpg
バイクは自分の用途に合わせて自由にカスタムできるところも魅力ですが、純正パーツって結構なお値段するんですよね。免許取ってバイクやヘルメット・ウェア買って、もうそんなにお金残ってないよ!って人も多いのではないかと思います。
そこで今回は予算2万円でどれだけツーリング仕様にカスタムできるかコスパ重視のパーツ構成を考えてみました。



SHEAWA バイク USB電源 充電器 4.2A シガーソケット 電圧計付 ON/OFFスイッチ

まずはもはや必須カスタムのUSB電源
USB2ポート+シガソケにスイッチと電圧計付きで1575円のコスパ最強電源をチョイス






バイク スマホホルダー多機種対応 [360度回転] 二重強力保護 脱落防止

こちらも必須レベルのスマホホルダー
四隅をガッチリ固定できて千円を切る低価格のものをチョイス






【6ヶ月保証付】メーターバイザー スクリーンバイザー 【汎用品】

ツーリング向け定番カスタムパーツのスクリーンバイザー
純正品は1万円以上はしますが汎用品を使えば3分の1のコストで導入可能









LEAGUE&COバイクハンドガード ハンドルガード LED DRLライト付き

オフ車やアドベンチャーバイクでは定番カスタムのハンドガード
芯入りでフォグランプが付いて2490円
LEDフォグランプがあればヘッドライトが純正ハロゲンのままでも十分明るいですからね。
これはかなり費用対効果が高そう。







GZYF バイク用 エンジンガード スキッドプレー ステンレスSerow XT250 Tricker XG250 全年式対応

こちらもオフ車やアドベンチャーバイクでは定番カスタムのアンダーガード
これも純正品だと2万近くしたりして高いんですよね。
こちらは車種毎専用品なのに5千円というお値打ち品。






Eustoma バイク用 シートバッグ 防水 ツーリングバッグ 50L 大容量

ツーリングカスタムのメインとなる積載確保ですが、コスパ最強はリアキャリア不要のシートバッグ!
このシートバッグは荷締めベルト付きで6千円で50リットルもの積載性を確保でき費用対効果抜群。






タナックス バイク用荷掛けフック MOTOFIZZ プレートフック3 (ブラック) MF-4729

荷掛けフックとナンバープレートホルダーが一体型になったアイディア商品
必ずしも必要ではないけれど低価格で満足度が高いパーツ






KEMIMOTO バイクシートカバー 3Dエアメッシュシートカバー 2層滑り止め 通気性 撥水 断熱 ブラック L(32.5 x 32cm)


2層構造で尻の痛み軽減も期待できるメッシュシートカバー
コミネより安い低価格商品をチョイス




まとめ

USB電源¥1,575
スマホホルダー¥999
スクリーン¥3,758
ハンドガード¥2,490
アンダーガード¥5,100
シードバッグ¥5,980
プレートフック¥1,589
シートカバー¥1,590

合計23,081円
※2019年9月8日時点での価格


2万円を少しオーバーしてしまいましたが、ヤフオクで中古パーツ漁りなんてしなくても全て新品でツーリング仕様フルカスタマイズが可能ですね。昔はバイクカスタムといえばお金がかかってしょうがなかったですが、今ではAmazonで安価なパーツが買えるようになったのでライダーにとっていい時代なったなぁと思います。
以上、予算2万円強でできる費用対効果の高いツーリング仕様フルカスタムパーツ構成でした。


関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。