バイクの街乗り 夏の服装問題 半袖ライダー撲滅に新提案

s-vlcsnap-2014-06-21-20h11m24s106.jpg
バイクの服装で一番やっかいなのが夏。とくに街乗りでは半袖は怖いけど街中やちょい乗りでメッシュジャケットはちょっと・・という人も多いのではないかと思います。そこでおすすめしたい服装とは。


夏のライディング、半袖だと大変なことに・・

半袖でバイクに乗ると転倒時のダメージが怖いというのもありますが、最も怖いのが日焼け

以前夏に北海道ツーリングに行った時にライディングジャケットを着ていったのですが、あまりの暑さと開放感でジャケットを脱いで30分程半袖で走ったことがあったんです。そしたらわずか30分ほどで真っ赤に日焼けして後日水ぶくれになるという苦い思いをしました。



G0432741-m3.jpg

ビーチでの日焼けと違ってバイクで走ってる間は風が当たるので日焼けが進行していることに気づきにくいが、両腕が天日干しみたいな状態になるので短時間でもかなり日焼けしてしまう。




メッシュジャケットは安心快適、しかし・・

かといって夏は重装備も危険。近年の殺人的な猛暑と夏休み期間に発生しやすい渋滞により熱中症のリスクが高まります。

そこで夏用のライディングジャケットとしてメッシュジャケットというのがあります。



メッシュジャケット Camo/Black XL 07-114 JK-114

メッシュ素材で通気性を確保しつつプロテクターはしっかり内蔵されているというもので、最近はおしゃれなデザインも多くツーリングや中長距離走行時に安心快適なのですが、しかしこれをちょっと近所までといった街乗りで脱ぎ着するのはちょっと大げさだし脱ぎ着が面倒という問題が出てきます。




ドライジップパーカーという選択

そこで提案したいのがドライジップパーカー

ドライジップパーカーとは夏のスポーツやアウトドア用に紫外線を防ぎ通気性に優れ脱ぎ着しやすく作られているパーカーで、これが夏のバイクの街乗りにも最適なんです。






ARONA DRYストレッチ 接触冷感 吸汗速乾 ジップパーカー メンズ UVカット


しっかり日焼けを防ぎ、走行時の必要以上の体温低下を防ぎつつ通気性を確保でき、そしてこの格好のままで街を歩いたり店内に入ったりできるという優れもの。おまけにフードが首周りの日焼けを防いでくれるので理にかなっている。

こういうのってユニクロとかにありそうでないんですよね。


バイク用に選ぶ際のポイントとしては

・夏用に作られた長袖で通気性の良いもの

・脱ぎ着しやすいジップ構造

・袖に十分な長さがあり走行時にめくれにくい

・走行時にバタつきにくいタイトめなサイズ



上記の点を抑えていればパーカーでなくてもジャケットタイプもあり



[グリマー] 4.4オンス ドライ UV ジップ ジャケット


初夏から秋にかけてこういうのが1~2着あるとかなり重宝します。

ついつい夏は半袖で乗ってしまうというライダーは是非検討を。

関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。