新東名と東北道で最高速度120kmへ もう軽二輪は走らない方がいい

G0010598m3.jpg
新東名と東北道の特定区間で試行されている時速110kmの最高速度が120kmに引き上げられるというニュースが入ってきました。これはもう250cc以下のバイクは走らないほうがいいレベルだと思います。


静岡県と岩手県の高速道路の一部区間で試行している時速110キロの最高速度について、警察庁は3月1日から120キロに引き上げる。試行を始める前と開始後の1年間で、人身事故の件数や車が実際に走る速度に大きな差はなかったとして、交通安全に支障がないと判断した。高速道路の最高速度が120キロになるのは初めて。

 試行の対象区間は、新東名の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC(上り49・7キロ、下り50・1キロ)と、岩手県の東北道花巻南IC―盛岡南IC(上り27・3キロ、下り27・4キロ)。試行は少なくとも1年は続け、安全が確認できれば他路線への拡大を検討する。

 警察庁は静岡県で2017年11月から、岩手県で同12月から、試行区間の最高速度を110キロに引き上げ、人身事故の件数や車の速度の変化を調べていた。


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000055-asahi-soci





新東名の最高速度120km区間は約50km!

この最高速度120km区間についてですが

・新東名
新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC(上り49・7キロ、下り50・1キロ)


・東北道
花巻南IC―盛岡南IC(上り27・3キロ、下り27・4キロ)


となっており、新東名に関しては実に50km!





一部区間といっても結構な距離が対象となっています。




もう軽二輪は新東名走らない方がいいかも

この最高速度引き上げは多くのドライバーにとって歓迎されることだと思いますが、軽二輪(125~250ccバイク)に関してはもう新東名は走らないほうが賢明だと思います。

最高速度120kmということは、実際の流れは130~140kmくらいになることが予想されます。深夜は150km以上になるかもしれません。

250cc以下のバイクでは一部車種を除き150kmなんて出ません。セローなんて120kmで精一杯なので流れに付いていけず怖い思いをする可能性大です。


G0021328m3.jpg



左車線走ってれば平気なんじゃないの?



と思うかもしれませんが、なかなかそうはさせてくれません。


高速ではマナーの悪いドライバーに加え長距離走行で注意散漫になっているドライバーが沢山います。

さっさと追い越せばいいのに車間を詰めてずっと後ろを付いてきたり、左に寄ろうもんなら車線変更せずにスレスレを抜いていったり、遅いトラックの後ろに付いて走っているとわざわざその間に割り込んできたり。

昔セローでまだ最高速度100km時代の新東名を深夜に走ったことがありますが、左車線のトラックの流れにすら付いていけずに完全に孤立してしまい怖い思いをしました。昼間ならまだマシだと思いますがそれでもおすすめはしないですね。

ただ下道を使うにしても国道1号は渋滞する上にトンネルだらけなので排ガスまみれになる可能性大ですのでこちらもおすすめしません。

遠回りになりますが海沿いを走るか、急ぐなら(旧)東名を使う方がまだ安全に走れると思います。




関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。