バイク用エンジンオイルのおすすめはこの3つ 米国最人気オイルは?

DSC05217-m3.jpg
近年激安オイルの登場で価格破壊が進んだバイク用エンジンオイルですが、今回は2019年現在のこれを買っておけば間違いなしというおすすめオイルを紹介したいと思います。また海外ではどうなのかということでモーター大国アメリカで最人気のバイク用エンジンオイルについても調べてみました。


エーゼットMEO-012



エーゼットMEO-012 バイク用 4サイクルエンジンオイル【10W-40 SL/MA2】4L 全合成油(EG044)


日本のバイク用エンジンオイル市場において衝撃の価格破壊を起こしたエンジンオイル。

創業1955年の国内ケミカルメーカー製という安心感と、激安エンジンオイルとは思えないコストパフォーマンスを発揮します。

街乗り中心の人や軽排気量バイクに間違いなくおすすめ。




激安バイク用エンジンオイル使ってみた AZ MEO-012 純正と比較






カストロール POWER1 4T



カストロール エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 4L 二輪車4サイクルエンジン用部分合成油 MA


エーゼットの激安オイルに価格で対抗しているのがこのカストロール POWER1 4T

カストロールブランドとタイミングによってはAmazonでエーゼットより安いこともあってか国内市場ではベストセラーとなっています。

品質はエーゼットと大差ないのでパッケージがボトルか缶かどちらが良いかで選んでも良いかも。







ヤマハ ヤマルーブ プレミアムシンセティック



ヤマハ 二輪車用エンジンオイル ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA 10W-40 4L


3つ目はヤマハのケミカルブランド、ヤマルーブのプレミアムシンセティックです。

価格は上記の激安オイルの倍しますが100%化学合成油のプレミアムオイルとしては安くコスパも良いです。

なによりヤマハ車純正オイルの上位グレードという安心感があり、レースの世界でも有名なYamaLubeブランドは他メーカーに乗っているライダー達からも定評があります。

スポーツバイク、大型バイク、ロングツーリング等におすすめ。






アメリカで最も売れているバイク用エンジンオイルは?

日本では上記の3つのバイク用エンジンオイルが断然売れていますが、海外で売れているバイク用エンジンオイルは何なのでしょうか。

気になったので世界一のモーター大国アメリカのベストセラーを調べてみました。



adgowidfsakjlsdew.jpg


その結果なんとベストセラーはヤマハのヤマルーブ!(2019年1月6日時点)

ヤマハのOEM品で、1ガロン(約4リットル)で30ドル程の価格で売られていました。

ヤマハのヤマルーブはモーター大国アメリカでも大人気の模様。





バイク用エンジンオイルの粘度は10W-40 で十分

エンジンオイルには粘度を表す数値がありますが、日本においては10W-40 で十分です。

空冷エンジンで猛暑日のロングツーリングでも真冬の街乗りでも問題ありません。

むしろ10W-40で問題のある気象条件ではバイクに乗るべきではありません。






まとめ

街乗り中心の人、軽排気量バイクにはエーゼットまたは POWER1

スポーツバイク、大型バイク、ロングツーリングにはヤマルーブ プレミアムシンセティック


以上がおすすめのバイク用エンジンオイルです。

これら以外は買う必要がないと言っていいほどコストパフォーマンスが高くおすすめです。


関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。