防災グッズとしても使えるキャンプ用品5種 もはや必需品

s-DSC09145.jpg
今年も大災害が続いている日本。
最近キャンプがちょっとしたブームになってるみたいですが、これは防災という観点から見ても良いことだと思うんですよね。もし被災して自宅で寝泊まりできなくなった時にキャンプの経験は活きるはずだし、キャンプ用品はそのまま防災グッズとして使えるものが多くあります。
今回は災害時にそのまま防災グッズとして使えるキャンプ用品を紹介します。


テント

DSC00646m3.jpg


まずはキャンプといったらテント

テントは自宅が被災した際の一時的な宿泊所や避難所でのプライベート空間の確保に使えます。

熊本地震の際は避難所や自宅の庭にテントを張っている被災者が沢山いましたね。


 BUNDOK ツーリング テント BDK-17 グリーン 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】







シュラフ

DSC04515-m3.jpg


シュラフとは寝袋のこと。

キャンプ用のシュラフは保温性が高く普段は小さく収納しておくことができるため防災グッズにピッタリ。




 LICLI 寝袋 丸洗いできる 封筒型 シュラフ






マット

s-DSC00066.jpg


キャンプでは寝袋の下に敷くマット

断熱と防寒効果があり、避難所の体育館の硬い床に敷いて使うのにも非常に有効


 
CAPTAIN STAG キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム




LEDランタン

s-DSC09145.jpg


LEDランタンは長時間広範囲を照らせるため災害時の非常灯にも最適。

最近はモバイルバッテリーとしても使えるモデルが出ています。





BRISIE LEDランタン USB充電式モバイルバッテリー IP65 防水&防塵 防災用品 【196ルーメン/連続点灯50時間】






クッカー&ガスバーナー・カートリッジ

DSC01740m3.jpg


キャンプ・アウトドア用の調理器具があれば、災害時に電気・ガスが止まった時にラーメン、パスタ、レトルトカレー、コーヒー等を作ることができます。

被災時は暖かいものが飲み食いできるだけでもほんとにありがたいみたいですね。




CAPTAIN STAG 小型 ガスバーナーコンロ・クッカーセット






最後に

災害時にスーパーやホームセンターに客が殺到している様子を見ると、やはり防災用品というのは常備してすぐに使える状態にしておかないと意味がないと思わされます。

そういう意味でもキャンプという趣味はキャンプ用品を災害時にはそのまま防災グッズとして使え、キャンプで得た知識や経験も活かせる趣味と実用性を兼ねたすばらしい趣味だと思いますね。

是非今一度防災グッズについて見直すとともに水や食料の備蓄もお忘れなく。




関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。