セローが帰ってきた!新型セロー250 2018年モデル 変更点まとめ

serow_2018_2019-m3.jpg
惜しまれつつ生産終了が発表されてからもうすぐ1年・・ついにセロー250の新モデルが発表されました!
フルモデルチェンジではなくマイナーチェンジとなりましたが、今回どこが変わったのか早速見ていきましょう。


排出ガス規制に適合、従来からの個性を継承し復活 マウンテントレール 「SEROW250」を発売



ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した“マウンテントレール”「SEROW250」を、排出ガス規制に適合させ8月31日より発売します。

 「SEROW250」は、「第3次排出ガス規制※」に適合させながらも、自然を楽しむ優れたトレッキング性と扱いやすい走行性といった従来からの特徴を継承しました。
 新たな特徴は、1)優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御のFI、2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスター、3)新設計のロングタイプのリアフェンダー、4)点灯面積が広く優れた被視認性を備えたLEDテールランプ、などです。

 カラーリングは、「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色設定です。初代から続くSEROWらしい定番カラー「ホワイト/グリーン」、アウトドアギアを連想し、カジュアル感を持ち合わせたオン/オフ両用カラー「ホワイト/オレンジ」は従来モデルをベースにカラーとグラフィックをアップデートしました。「ホワイト/ブルー」は街乗り時でも映える、さわやかで清涼感あふれるカラーです。


【発売日】2018年8月31日
【定価】564,840円(本体価格523,000円/消費税41,840円)
【販売計画】2,500台(年間、国内)


出典:https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2018/0725/serow.html

serow__2018_g-m3.jpg
serow_2018_o-m3.jpg
serow_2018_b-m3.jpg





SEROW250 2018-2019年モデル 主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BK-DG31J/G3J9E
全長×全幅×全高 2,100mm×805mm×1,160mm
シート高 830mm
軸間距離 1,360mm
最低地上高 285mm
車両重量 133kg
定地燃費値*2 48.4km/L(60km/h) 2名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 249cm3
最高出力 14kW(20PS)/7,500r/min
最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)/6,000r/min
燃料タンク容量 9.3L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
バッテリー容量/型式 12V, 6.0Ah(10HR)/ YTZ7S
変速装置/変速方式 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速2.846/2速1.812/3速1.318/4速1.035/5速0.821
タイヤサイズ(前/後) 2.75-21 45P (チューブタイプ)/120/80-18M/C 62P (チューブレス)
制動装置形式 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1






SEROW250 2018-2019年モデル 変更点

さあそれではいったいどこが変わったのか見ていきましょう。
serow2018-2019-m3.jpg





■リアテール
まずひと目でわかる変更点はリアテールでしょう。


2012-m3.jpgserow_2018_2019-m3.jpg

リアテールランプがLED化

リアテールはXT250Xと同型?直線的で現代的なデザインに。






■エンジン
第三次排ガス規制適合をしつつ最高出力は18psから20psにUP!

これは嬉しいですね。



■燃費
燃費はなんと48.4km/LにUPしましたが、あくまでカタログ上の数値で計測方法にもよるので要確認ですねここは。



■タンク容量
第三次排ガス規制適合化に伴いタンク容量は9.6Lから9.3LにDown!

これは致し方ないのでしょうけど残念。





■新色ブルー追加
おもわずシーサイドを走りたくなる爽やかなブルーカラーが追加され3色体制に。

serow_2018_b-m3.jpg

ブルーはホイールがシルバーになりこれでホイールもそれぞれ色が違う三色体制に。

やっぱり3色くらいは選択肢があったほうがいいですよね。




■価格
価格は税込み507,600円から564,840円になり5万円以上の値上げ!

第三次排ガス規制適合化でコストがかかった分値上げは致し方なしといったところでしょう。

国産バイクはもう高くなることはあっても安くなることはないでしょうね。




■ツーリングセローも
もちろんツーリングセローも復活!



各種パーツがガンメタ系のカラーになりましたね。




最後に

というわけでセロー250新モデルが発表されました。

フルモデルチェンジを見てみたかった気もしますが、アクセサリーパーツを共用できるものも多いでしょうし今回はまだマイナーチェンジに留まってよかったかもしれませんね。

発売は8月31日。おかえりセロー!


関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。