アクアラインでバイクで279キロ暴走動画UPのモトブロガーが検挙

vlcsnap-2014-03-23-01h21m10s164.png
アクアラインでバイクで279km/hのスピードで爆走した動画をYouTubeに投稿した男が書類送検されたというニュースが今日入ってきました。先日モトブログが日本でバズらない理由という記事でこの手の問題に触れた矢先に起きてしまいましたね。








>千葉県警高速隊は23日、大型バイクに乗り、東京湾アクアラインを、最高速度を159キロオーバーの時速239キロで走行したとして、同県柏市の会社員の男(33)を道交法違反(速度超過)容疑で千葉地検に書類送検した。二輪車のスピード違反としては過去最高速度とみられる。インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に走行中の動画を投稿しており、調べに「高評価を得て閲覧者を増やしたかった」などと話しているという。




今回書類送検された男は33歳の会社員ということで、まあ良い年して何やってんだという感じですが、投稿した理由が「高評価を得て閲覧者を増やしたかった」というのは本当に呆れますね。こんなことをしても高評価どころか低評価の嵐なのは目に見えている。バイクで過激なことをして動画を投稿する行為に対して日本は世界一厳しいですし、過去に同様の行為で検挙されたケースが何度かあります。交通違反に限らず松本伊代、早見優書類送検の件でも分かる通り、ネット上に違法行為をアップロードして複数の通報が入った場合なんかには日本の警察はもう容赦なしといった感じ。






>送検容疑は昨年5月24日午前3時50分ごろ、同県木更津市のアクアライン上り線のトンネル内で、最高速度の時速80キロを超過して走行したとしている。容疑を認めている。




今回は時速239キロ出したということで検挙、動画内ではメーター表示で最高時速279キロ出ていたとのこと。まあこれだけ出したらそら検挙されますね。メーター表示で~30km程度の超過であればハッピーメーターの可能性もあるしわざわざ警察も検挙することはまずないと思いますが、一発免停の速度では言い訳のしようもない。






 >同隊によると、男は英国製の「デイトナ675SE」(排気量670CC)を運転。ハンドル部分に取り付けたカメラで走行中の速度計を撮影し、ユーチューブに「最高速チャレンジ」などと題した動画を投稿していた。動画は既に削除されたが、時速279キロを記録した場面もあった。事故は起こしていないという。調べに対し、「閲覧者が増えれば、収入目的で投稿しようと考えていた」と説明している。




男の乗っていたバイクはトライアンフ デイトナ675 SEというスポーツバイク




この手のバイクで公道で爆走する動画は数年前にGhost Riderという海外の命知らずライダーによって有名になった経緯があります。


「閲覧者が増えれば、収入目的で投稿しようと考えていた」と供述してますが、これは今年の2月からYouTubeの規約が変更になり登録者数1000人以上いないと収益化が出来なくなったため、まずは登録者1000人集めたかったのだと思われます。まあ要するに金目的ですね。


これからモトブログをやり始めようとする人は金目的でやらないほうがいいです。日本ではモトブログで稼ぐことは難しいので。趣味の延長でやってたらいつの間にか稼げるようになっていた、くらいがいいですねほんと。最初から稼ごうとやり始めるとろくなことにならないという典型例だと思います。



関連記事
   

コメント

※現在入力フォームを停止中の為ご連絡・お問い合わせはTwitterのDM機能をご利用ください。