東北みちのくバイク旅 Day2 松島~福島

8月18日 多賀城市 曇

2日目は多賀城市のネットカフェで目覚める。

外は曇り、天気は微妙だが松島へ向けて出発。

塩釜市に入ると、震災の爪痕が随所にまだ残っていた。

海沿いの道を走ると展望台の看板が見えたので行ってみる。



9:30 松島湾

sDSC02562.jpg

松島が見えるところまで来た



sDSC02587.jpg

巨木の中を走る


双観山
sDSC02591.jpg

この展望台のある山は双観山というらしい
松島湾にポコポコと浮かぶような松島を望むことが出来る



その後、松島中心街へ


10:30 瑞巌寺

sDSC02623.jpg

お寺があったので散策
鰻塚とは、この辺りで捕れた天然うなぎを供養するために大正時代に立てられたものらしい
鰻を愛する日本人ならでは



11:30 牛たん炭焼 利久 松島店でちょっと早めの昼食

sDSC02664.jpg
牛たんフルコース これで1700円くらいだったかな

仙台の牛たんは初めて食べたけど、やっぱ美味いな



店を出た頃には天気も晴れて蒸し暑くなってきた


せっかくなので遊覧船で松島巡りをすることに



sDSC02671.jpg

餌をねだるカモメ

sDSC02731.jpg

奇岩の上にもカモメ

sDSC02742.jpg



松島は観光客で溢れ、活気に満ちていた。

日本三景は全て制覇したが、ここ松島も含め、どこも日本三景の名に恥じない景勝地だった。

松島は奇跡的に津波の被害を免れたが、三保の松原のように壊滅的被害を受けて消滅してしまった景勝地もある
震災後、永久不滅なものなどないことを痛切に感じた。

「いつか行こう」ではなく、「今行こう」

それがバイクで旅に出たきっかけでもあった。



本当は岩手も行きたかったが、今回はこれで関東方面へ引き返し、
今日は裏磐梯でキャンプをすることにする。




国道349号で一路福島へ

途中雨に打たれながらも、3時間半かかって福島到着



16:30 福島市

sDSC02808.jpg
福島テレビ局の近くにて


夕暮れも近いのでこのまま裏磐梯へ

途中、磐梯吾妻スカイライン無料開放中の掲示が見えたので行ってみるが
すぐに雨に打たれたので引き返して土湯バイパスを駆け上がる
高速コーナー登坂の続く土湯バイパスは、セローではいっぱいいっぱいだ



17:15 道の駅つちゆ

sDSC02810.jpg

二本松市方面を望む


sDSC02823.jpg

福島市方面を望むと、雲海が
雨雲の上までやってきた様だ


あとで知ったのだが、さっき引き返した磐梯吾妻スカイラインはかなりの絶景道の様で、
これなら行っておけばよかったかなと、ちょっと後悔


因みに、磐梯吾妻レークライン、磐梯山ゴールドラインも無料開放中と知らずに
スルーしてしまった。後々知ったけど損したな・・。




18:10 小野川湖 庄之助キャンプ場

sDSC02826.jpg

なんとか日没までにキャンプ場に到着!

ここ、庄之助キャンプ場は、一泊1200円とちょっとお高めだが、
バイク乗り入れOK、施設充実、コンビニ徒歩5分、釣りもできて
人も少なく穴場、景色も絶景と、素晴らしいキャンプ場だった。
この日は土曜日で裏磐梯は宿泊客でごった返していたが、このキャンプ場は
自分の他に夫婦一組、家族連れ一組のみと、本当に快適に過ごせた。

と言っても夕食後は疲れてすぐ眠ってしまったのだが・・





3日目(最終日)へ続く

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント