GoPro HERO6 販売開始 買うべき人は限られる超高画質モデル

hero6blk.jpg
今年もこの季節がやってきました新型GoProの発表。例年秋に新モデルが発表されるのが恒例ですが、今回は日本でも発表即販売開始となりました。HERO6はHERO5より更に高画質化したハイエンドモデルとなっている模様。



 GoPro HERO6 Black CHDHX-601-FW








GoPro新作発表といえば楽しみなのがプロモーションビデオ。

まずはHERO6で撮影された超高画質映像をとくとご覧あれ。










HERO6の目玉は4K60fpsの超高画質撮影モード

HERO6はHERO5と見た目はほとんど変わりませんし、機能性も大きく変わった様子はありませんが、目玉はなんといっても4K60fpsの超高画質ヌルヌル撮影が可能になったこと。

ビデオカメラや一眼でもまだ4K60fps撮影が可能なモデルは少ない中で、今回超小型なアクションカメラで4K60fpsが実現されました。







また、1080p240fpsでの撮影も可能になり、フルHDで超スローモーション撮影が可能に。

スポーツ等の激しい動きを撮影するのに最適な撮影モードです。








HERO6を買うべき人は限られる

というわけで更なる高画質化を果たしたGoPro HERO6ですが、注意しなければならない点があります。

それは編集する際によりハイスペックPCが必要となること。

4K60fpsや1080p240fpsにまでなってくると並のパソコンでは編集・エンコードの際にスペック不足となる可能性大。

最高画質で撮って編集もしたいと考えている人は、購入する前に使っているPCのスペックが足りるか確認したほうがよいでしょう。

また、撮影用のメモリーカードや保存用ドライブも高速かつ大容量のものが必要になってきますので、それらを揃えるとなると結構な出費になってきます。

これらを鑑みると現状HERO6を買うべき人は限られてくるでしょう。





最後に

今ではフルHDで撮影できる低価格なGoPro模倣品はいくらでもありますから、更なる高画質化で差別化を図ってくるのは王者GoProとしては当然の道筋といえますね。

気になる価格は59,000円


ちなみにHERO5シリーズとSessionは販売継続でHERO4は公式ラインナップから消滅。

HERO4を確保しておきたい人はamazonでHERO4が在庫処分価格で販売中ですので早めにどうぞ。



関連記事
   


コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。