女の子が田舎へバイク旅する映画『夏美のホタル』

natsuminohotaru.jpg
去年劇場公開された有村架純主演映画「夏美のホタル」。この映画のことを知ったときには既に劇場公開が終わっていたんですが、待望のDVDとビデオ配信が開始されたので観てみました。これが近年まれに見るバイクに乗りたくなる映画でしたので、ネタバレしない範囲で詳細や感想を紹介したいと思います。



夏美のホタル [DVD] / 夏美のホタル[Amazonビデオ]


あらすじ




主人公・夏美は、写真学校の同級生たちが実力を評価されていくなか、一向に手ごたえが感じられず、やり場のない焦燥感を抱えていた。同じ学校に通う恋人との仲も、最近はどうもうまくいかない。ある日夏美は、現実から逃れるように、父の形見のバイクに乗って思い出の森へと向かう。
森の近くで立ち寄った黄色い看板のよろず屋、“たけ屋”。年老いた母と息子が営むその店でひと夏を過ごすことに。彼らの飾らない優しさに触れ、夏美が見つけたものは…。
出典:http://natsumi-hotaru.com/introduction.html



原作は森沢明夫著『夏美のホタル』


夏美のホタル (角川文庫)

2014年に出版された同名の小説が原作になっています。

著者の森沢明夫さんは他にも高倉健主演のロードムービー「あなたへ」の原作等を書かれている方ですね。





舞台は房総半島

natsuminohotaru1.jpg

夏美がバイクに飛び乗って目指した田舎、そのロケ地はどこなんでしょうか。

この序盤の空撮映像でピンときました。

ここは千葉県鴨川市にある都心から最も近い棚田、大山千枚田ですね。

sDSC01639.jpg


どうやら房総半島で撮影が行われたようです。




主人公の愛車はSR400!

natsuminohotaru5.jpg
出典:http://blog.livedoor.jp/gugu12_02/archives/51479657.html

夏美の乗るバイクは、父から受け継いだというヤマハSR400。

日本を代表するロングセラーバイクですね。

ちなみに代役ライダーは古澤恵さんが担当されています。





着用ヘルメットはカムイ2

natsuminohotaru3.jpg

バイクの他に気になるのが被っているヘルメット。

調べてみたところ、夏美の被っているヘルメットはOGKカブトのKAMUI-IIですね。


OGKカブト/KAMUI-II/フラットレッド





バイクシーンが随所に

natsuminohotaru4.jpg

夏美がバイクに乗るシーンは随所に出てきます。

SR400の単気筒サウンドは何度聞いてもいいですね。

とにかく観ていてバイクに乗りたくなる映画です。





ソロキャンプツーリングも決行!

natsuminohotaru0.jpg

なんとソロキャンまでしちゃってます。

こんなことができるのも日本の田舎ならではといったところでしょうか。

いや~こんなん見せられたらキャンツー行きたくなっちゃいますね。





感想

若者の葛藤や恋愛、家族問題等様々な要素を含んだヒューマンドラマ作品なんですが、この映画を見終わって思ったことは、日本の田舎の夏とバイク旅っていいなあということですね(笑)

夏美がバイクでふと立ち寄った商店の店主(通称:地蔵さん)が、夏美のバイクを見て「たまにね、ああいうのでふらっと迷い込んでくる奴がいるんだよ」というセリフを聞いて、バイク旅あるあるだなあと思いましたが、この言葉が実はキーワードになっていて、ライダー目線から見てなかなか良い作品でした。

昔は主人公がバイクに乗る実写作品って結構あって、ドラマでキムタクが乗っていたTW200がバカ売れしたなんて時代もありましたが、今はそんな作品も見かけなくなりましたね。そんな中で女の子がバイクで旅に出るというこの設定だけでも貴重で、ライダーなら見て損はない作品に仕上がってます。




夏美のホタル [DVD] / 夏美のホタル[Amazonビデオ]


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント