【レビュー】強力固定・角度調整自在なバイク用スマホホルダー Anypro WY-ZH201

DSC05093-m3.jpg
今まで4年以上バイクツーリング時のスマホナビ用に使ってきたミノウラのスマートフォンホルダー。開閉レバーが壊れても無理やり使っていたのですが、今回スマートフォンホルダーを新調しました。Anypro WY-ZH201という製品です。このスマホホルダーを取り付けし、実際にスマホをマウントして林道を実走行テストしてきましたのでレポートしたいと思います。



 

 Anypro 自転車ホルダー バイクスタンド 360度回転 WY-ZH201


こちらが今回インプレッションをお届けするAnypro WY-ZH201

4年前はスマホホルダーといえばミノウラでしたけど、今では色んなメーカーからスマホホルダーが出ていますね。



DSC05074-m3.jpg

最近主流となっているダンボールのパッケージは開けやすく捨てやすいのでユーザーにとってもありがたい。




DSC05075-m3.jpg

付属品。

クランプとホルダーはセパレートになってます。





DSC05078-m3.jpg

クランプは三叉になっていて幅が広いのでグラつきなくガッチリ固定できそう。





DSC05077-m3.jpg DSC05076-m3.jpg

クランプは最大で約4cm開き、ほぼ隙間ないところまで閉めることができます。

どんなバイクや自転車のハンドルでもまず取り付け可能でしょう。







DSC05081-m3.jpg

そしてこのクランプの最大の特徴は、ボールジョイントが備わっていること。

全方向に角度調整が可能になっています。






DSC05083-m3.jpg

続いてホルダー。スマホを保護するラバーが備わっています。質感は予想以上に良いですね。

左右のホルダーアームはスプリングが内蔵されていて、手で開いてスマホを挟み込む形式。



DSC05087-m3.jpg

クランプとホルダーははめ込んでスライドさせる形式。



DSC05088-m3.jpg

最初は結構固いですが、しっかり奥までスライドさせるとガッチリ固定されてグラつきなし。





スマホをマウントしてみました。

DSC05084-m3.jpg DSC05085-m3.jpg

左は中型クラスのスマホで、ホルダー部に予め備わっている輪っか状のゴムで固定できます。

右は5インチクラスの大型スマホにカバーを付けたもので、このサイズになると付属の専用ゴムを取り付けて四隅を固定します。

アームは最大10cm開くので、大型のスマートフォンにカバーを付けていても余裕でマウントできます。



DSC05089-m3.jpg

裏側はこんな感じ。

左右のアームに加えて4点を固定できるためガッチリと固定できます。








それでは、実際にバイクのハンドルにマウントしてみましょう。

DSC05090-m3.jpg

そのままでも問題なさそうでしたが、念のためハンドルにゴムシートを介して固定。

レバーを締めるだけなので脱着はとても簡単。




DSC05094-m3.jpg

グラつきも殆どなくガッチリ固定できました。


DSC05093-m3.jpg


自由自在に角度調整できるのは本当に便利ですね。

DSC05092-m3.jpg


いつでも太陽光が反射しない見やすい角度に調整できます。







DSC05095-m3.jpg

実際に未舗装林道で走行テストしてみました。

ガタついたりズレたりネジが緩むこともなく問題無し。





このスマホホルダーの欠点としては、ミノウラのホルダーのようにワンタッチで脱着ができないことですが、その分ガッチリと強力に固定できるので、悪路を走る場面もあるツーリング用途ではとても心強いですね。

スマホホルダーもここ数年の間に進化してるなあと関心しました。

またひとつツーリングのお供に心強いアイテムが増えたので、より安心快適なツーリングができそうです。




 

 Anypro 自転車ホルダー バイクスタンド 360度回転 WY-ZH201



関連記事