【熊出没情報】神奈川県相模原市 ツキノワグマ目撃場所

s-DSC08014.jpg
今年は全国各地でツキノワグマの目撃情報や被害が相次いでいますが、中でも最近注目されているのが東京から近く民家や通行の多い相模原市緑区周辺でもクマ目撃が相次いでいること。ドライブやツーリングで通る人も多いエリアです。
各社報道や相模原市議が公開している情報を元に相模原市内のクマ出現場所情報を紹介します。



緑区三ヶ木 6月17日(金)18時40分頃目撃





6月19日現在相模原市内の最新のクマ目撃情報は三ヶ木地区で、6月17日に複数の場所で目撃されています。

目撃場所は国道412号と413号(道志みち)の交差点付近でこの辺りの交通の要所、ドライブやツーリングで通る人も多い場所だと思います。

民家も多い地域で人を恐れていない可能性がありますので十分注意が必要です。







緑区牧野(県道76号周辺) 6月9日~16日複数回目撃





相模湖と道志みちを結ぶ県道76号周辺では今月複数回にわたって目撃されています。

こちらの道もツーリングで通る人が多いであろう道路ですし、先週昼間~夕方という時間帯に複数回にわたって目撃されてますので、しばらくは徒歩や自転車・バイクは通るのをやめたほうが懸命ですね。






緑区与瀬(ラーメンセンター) 5月28日(土)21時頃目撃





国道20号沿いにあるラーメンセンター店主が営業終了後に店内で休憩していたところ熊がやってきてガラス戸を手で押して中に入ろうとしたとのこと。

ここは相模湖インター近くの国道20号で夜でも交通量が多く、私も何度も通ったことがあるので、こんなところにまで出没するのかと驚きました。

人や車を完全に恐れていないのだと思います。


以上が6月19日現在の相模原市内熊出現情報です。

今後も目撃情報があれば追記していきたいと思います。

ちなみにタイトル画像は相模原市の南に位置する愛川町内の林道で撮影したもので、首都圏有数の人気ツーリングスポット宮ヶ瀬ダム周辺にも熊は生息していると思われますので十分注意してください。




関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。