Hilander UK-1 安くて洗える春夏秋対応シュラフ(寝袋)レビュー

DSC04510-m3.jpg
キャンプツーリングシーズンに向けて今回シュラフを新調しました。今までキャンプツーリングに使っていた寝袋はCAPTAIN STAGの千円くらいのものでしたが、秋も深まってくると夜中10度くらいまで冷え込むことがあって、寒くて起きてしまうことがあったんですよね。そこで早春~晩秋くらいまで使える安いシュラフを探してみました。





今回購入したシュラフはこちら

 

 Hilander リバーシブル 洗えるフード付きシュラフ(5度対応)【訳アリ価格】 カモ/ブラック UK-1



5度まで対応していて安い、おまけに洗えるということが決め手で購入。

テントの中で飲み食いする場合こぼしてしまうこともあるので、洗える(汚れに強い)ということは重要ですね。

Hilander(ハイランダー)というのは聞いたことがないブランドですが、どうやらあのナチュラムが企画した商品のようです。

製造工程のミスなのか、シミがあるとのことで訳あり価格、所謂アウトレット商品ですが、前述のようにシュラフなんてどーせ汚れますし、この価格なら気兼ねなく使えていいですね。





DSC04510-m3.jpg
開封




今まで使っていたキャプテンスタッグ シュラフ800との収納サイズ比較

DSC04511-m3.jpg

DSC04512-m3.jpg

サイズが一回り大きく中綿のボリュームがある分収納サイズも少し大きくて重い感じですね。

登山用には向かないですが、キャンプツーリング用なら問題ないサイズです。






DSC04515-m3.jpg

広げたサイズは大きめ、ゆったりめ。
大柄の男性でも問題ないサイズです。




DSC04524-m3.jpg

カラーはカモ柄

自然に溶け込む落ち着いた迷彩でいいですね。

シミを探してみましたがどこにあるのかわかりませんでした。





DSC04521-m3.jpg

ファスナーはL字型になっていて、全開すれば敷布団や掛け布団としても使うことができ、更にリバーシブル仕様になっています。

寝袋をリバーシブルにする意味があるのか疑問ですが、カモ柄が嫌いな人は裏返して黒い寝袋として使えますね。





DSC04517-m3.jpg

寝ている間にファスナーが開かないようにファスナーガードも付いています。





DSC04516-m3.jpg

フードも付いてます。

個人的にはいらないかなと思っていたのですが、実際に寝てみるとあったほうが寝心地がいいですね。




DSC04522-m3.jpg

生地はポリエステルでサラサラとした触り心地。

梅雨や夏のジメジメした季節でも心地よさそう。





DSC04523-m3.jpg

この価格なので中綿は当然天然ダウンではありませんが、それでもそれなりに厚み、クッション性はありますね。

少なくとも今まで使っていたシュラフよりは全然あるので寝心地がかなりよくなりました。





最後に防寒性能はどうかということで、夜中外気温13度の中でベランダに銀マットを敷いた上で少し寝てみましたが、10度くらいまでなら問題なさそうですね。5度くらいまでとなるとヒートテックやロングタイツ等服の方で対策していないと厳しそうですが、早春~晩秋(初夏~秋の北海道)はこれで問題ないでしょう。


使いやすいシュラフなので初めてのシュラフにいいと思いますし、色々な使い方ができるので、車中泊、災害時用として常備しておく等様々な用途によいシュラフなのではないでしょうか。



 

 Hilander リバーシブル 洗えるフード付きシュラフ(5度対応)【訳アリ価格】 カモ/ブラック UK-1




関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント