スマホをバイクナビに使って4年経った今の使い方とナビアプリ

r17 (2)
スマホをバイクナビに!使い方・マウント方法まとめ という昔書いた記事が今も当ブログTOP3に入る程の人気記事になっていまして、先日も読者の方からスマホナビについて質問がありましたので、今回はスマホをバイクナビとして約4年使ってわかったことや現在の運用状況について紹介しておきたいと思います。




オフラインナビはやっぱり便利

まず今使っているナビアプリですが、以前はずっとグーグルナビを使ってましたが、現在はMapFan for Android を使用しています。

関連記事
オフライン対応ナビアプリ「MapFan for Android 2014」使用レポート


DSC01504m3.jpg


レポート記事を読んでいただければわかるとおり、このナビを購入したのは2年前なのですが、動作が重かったりと気に入らない点もあり、その後1年間ほとんど使っていませんでした。

そして、このナビを本格的に使い始めたのは去年の北海道ツーリング。

理由としては、現在メインのスマホとは別にナビ専用としてのスマホを使っていて、オンラインナビであるグーグルマップでは毎回デザリングでメインのスマホと通信接続しなくてはならず、長期ツーリングでは面倒なのでオフラインナビであるMapFan for Androidを本格的に使ってみたわけです。

すると、レスポンスも以前の印象ほど悪くはなく、操作も慣れれば問題なく、そしてなにより北海道によくある農道なんかの脇道も表示(しかも狭路や悪路は別色表示)されるので関心しました。さすがは地図屋が作ってるアプリだけあるなと。自分の場合裏道や脇道探索をよくするので心強いです。

そしてなんといっても通信の必要がないオフラインナビはやっぱり便利。

周辺検索をしたい時などはメインのスマホでグーグルマップで補って、走行中のナビはMapFanという感じで使っています。




バイクナビ用スマホは白ロム使用がおすすめ

もし機種変更してSIMカードを抜いて使ってないスマホが家に眠っていたらバイクナビ用に使うのがおすすめ。

契約中のスマホだと、バイクにマウントしていて万一落下したり壊れたり盗まれたりということを考えると旅先でライフラインを失うことにもなりかねないので、リスク分散という意味でもよいです。



smafo3.jpg

ちなみに私が今ナビ専用機として使っているのは写真中央の今はなきAQUOS PHONE

つい4~5年前は東芝やシャープが世界に先駆けて防水スマホを出していましたが、今は見る影もないですね・・






スマホマウントホルダー選びは横幅に注意!

周辺機器に関しては以前と変わらず、マウントパーツはMINOURA iH-100
電源はDCステーションUSB+を使用しています。


DSC07196.jpg


現在はスマートフォンホルダーは各社から色々種類が出ていますが、選ぶ際の注意点は必ずマウント可能な横幅を確認すること。

最近のスマホは液晶サイズが5インチ前後が主流で大型化していますので、ホルダーによってはマウントできない場合があります。

必ず自分の持っているスマホの(スマホカバーを装着している場合はそれを含めた)横幅とホルダーの装着可能な幅を確認してから買いましょう。






最後に

実のところ言うと最近はナビ自体あまり使ってないです。
というのもセローを買って以来あちこちツーリングに行って、日帰りで行けるエリアはほとんど道覚えちゃったので使う必要がないのです。ただロングツーリングでは今も欠かせないアイテムですし、これからもお世話になっていくと思います。

他にオススメのナビアプリやこんな使い方してます等情報ありましたら是非コメントいただけたらと思います。



関連記事
・バイクツーリングに使える4つのAndroid無料&有料ナビアプリ使用比較
・オフライン対応ナビアプリ「MapFan for Android 2014」使用レポート
・スマホをバイクナビに!使い方・マウント方法・注意点まとめ

関連記事
   

コメント

No title
セローのカスタムで最も悩んだスマホマウントや活用についてのヒントが多く助かりました(^^)

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント