2017年 北海道ツーリングへ行こう!日数・予算・宿・フェリーは?

最終更新:2017年2月13日
DSC02301-m3.jpg
ライダーの聖地と言われる北海道。その魅力については今更語るまでもないでしょう。いつかはバイクで行きたいと思っているライダーも多いのではないかと思います。
今回は、北海道ツーリングに必要な予算と日数、そして宿の予約やフェリーについて、北海道ツーリング実現のための基礎知識をご紹介したいと思います。



北海道ツーリングは裏切らない

北海道ツーリング、行ってみたいけどなかなか実行に移せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。北海道ツーリングは無理してでも行くべきという意見もありますが、間違いなく言えるのは北海道ツーリングは裏切らないということ。運悪く連日雨だったということでもない限り、北海道にツーリングに行ってがっかりするということはないでしょう。それだけの魅力が北の大地にはあります。



DSC03012-m3.jpg





北海道ツーリングに必要な日数 目安は7日~

社会人の場合まずここがネックになる方が多いのではないでしょうか。

最北端宗谷岬へ行って、道東知床や釧路へ行って、道央美瑛・富良野へ行く定番コースとなると、最低でも5日間くらいは必要になります。そして首都圏から行くとなるとフェリーで1日近くかかるので往復で2日、合計で一週間ほど必要になります。

そんなに休みとれないよ、という方もいらっしゃると思いますが、無理して休みを取ってまで行く価値が北海道ツーリングにはあります。欧米では2週間とか1カ月バケーション休暇を取ることは普通ですし、1週間くらい休んだって罰は当たりません!

どうしても一週間休みが取れない場合、費用は倍以上かかりますがバイクを輸送して飛行機で行くという手もあります。
道東だけとか道央だけにエリアを絞ってレンタルバイク利用なら2泊3日とかで弾丸ツーリングも可能。

でも、やっぱり愛車でフェリーを使って1週間くらいかけて行くのがおすすめですね。




DSC02932-m3.jpg





北海道ツーリングの予算 目安は10万円

北海道ツーリングに行くにはいくら必要なのか。
1週間行くとして最低限必要な費用を計算してみましょう。

まずはフェリー代。ハイシーズンに首都圏から行くなら往復4~5万円くらい。

次に毎日必ず必要な費用としてガソリン代が1日約1,000円。

食費は何を食べるかによりますが1日2000円くらいは見ておきたいところ。

ガソリンと食費で1日約3000円、1週間で約2万円。

宿代はピンキリですが、キャンプ場やライダーズハウスなら無料~数百円程度。
ホテルなら3000円~。

というわけでだいたい合計10万円前後が目安になると思います。

ちなみに去年行った北海道ツーリングはほとんどキャンプでしたので現地滞在9日間でフェリー代含め8万円程で済みました。




DSC03348-m3.jpg






夏の北海道 宿の予約は必要?

キャンプ場やライダーズハウスなら基本的に予約は不要ですが、ホテルに泊まりたいという方も多いでしょう。

そこで気になるのが前もってホテルの予約は必要なのかどうか。

最近は外国人観光客が増えてホテルが満室だという話をよく聞きます。

では、2015年夏のハイシーズンの北海道のホテルの空き具合はどうだったかというと、札幌や帯広は安いビジホが空いてましたが、道東の網走や釧路はほぼ全滅でした。

これは道東には世界遺産知床や釧路湿原等の自然遺産があり、それらを目当てに旅行に来る外国人観光客の急増にホテルの部屋数が追い付いていないためと思われます。

ホテルに泊まるなら少なくとも道東は余裕をもって事前に予約しておいた方がよいでしょう。




DSC02901-m3.jpg





フェリーはどこから乗るのがいいのか

首都圏からだと北海道行きのフェリーはいくつか選択肢があります。

東京からもっとも近いのが大洗港(茨城)で、最も遠いのが自走ルートと言われる大間港(青森)です。

乗り場が北海道に近づけば近づくほどフェリー料金は安くなりますが、その分そこへ行くまでの高速料金やガソリン代がかかりますし、人間の体力消耗だけでなくエンジンオイルやタイヤ等バイクも消耗しますので、結局はコスト的にはどこも大差ないと思います。

だったら一番近い大洗港が良いのではと思いますが、おすすめはと聞かれたら新潟港発の新日本海フェリーです。

何故なら新日本海フェリーは早朝に小樽に着く便があるので、初日丸1日走ることができるから。

初日に日の出とともに海沿いのオロロンラインを北上すると最高にテンションがあがります。



DSC02230-m3.jpg




最後に

学生時代、夏休みに2週間北海道ツーリングに行った友人がいて、当時もバイクには乗ってたもののバイクで遠くに行くことには興味がなかった私はその話を聞いてなんだかすごいことをしてるなあと自分とは遠いことのように思いましたが、2012年、2015年と実際に行ってみると意外と簡単に実現できるものなんですよね。そしてその経験は間違いなく一生の思い出となります。

まだ北海道ツーリングに行ったことのない方、いつかは行ってみたいと思っている方は、是非今年行ってみてはいかがでしょうか。






 

ツーリングマップル 北海道 2017



関連記事
北海道キャンプツーリング2015 総括 ルート・費用・感想
北海道ツーリング おすすめスポットランキング



関連動画




関連記事
   

コメント

やはり北海道は
北海道ツーリングは憧れですね。今までのoskamさんの記事で色々な感情が出てくるので、実際に走ったらどんなに良いか。諸事情でなかなか自分は難しいですが、いつかバイクでも行ってみたいですね。
弾丸ツーリングでも可能なんですね~。
色々ご紹介有り難う御座います。(^^)
No title
なるほど、消費税増税と原油安は頭になかったですね。今年いきたいなぁ。
あとは休みが取れるかと予算の確保か・・・
Oskamさんの北海道記事楽しみにしております~
No title
いつも楽しく拝見させていただいております。
今年は北海道に行こうと考えているので、とてもためになる記事でした。
毎回更新楽しみにしております
No title
2015は小樽札幌でもぜんぜんホテル取れなかったです
帰りのフェリー用に数日前からホテル探してても駄目でしたね
諦めてキャンプ場行くとファミキャンだらけというコンボで最悪でした
超楽しそう、羨ましいです。来年絶対行くぞー。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。