ヤマハ 新型クロスオーバースクーター YW125X BW’S(ビーウィズ)を発表

bws.jpg
昨年末ホンダがアドベンチャースクーターなるコンセプトバイク「City Adventure」を公開し反響を呼びましたが、ヤマハも負けずと、オフロードを意識した125ccスクーターとして一部で人気をはくしてきた「BW’S」の2016年新型モデルを新年早々に発表してきました。




ヤマハ発動機株式会社は、SUV感覚の“遊び心”溢れるボディに124cm3・4バルブのFIエンジンを搭載した原付二種スクーターの新製品「YW125X ビーウィズ」を2016年2月10日より新発売します。

 「YW125X ビーウィズ」は、“Street Almighty, Roadster BW'S”をコンセプトに、SUVテイストが楽しめる走行性とファッション性を高次元でバランスさせました。主な特徴は、1)中高速性能に優れるエンジン、2)ゆったりした居住性、3)オフロードテイストなブラッシュガード、4)前後ディスクブレーキ、5)プロジェクターヘッドランプ(Low)、6)タンデムグリップ付きリアキャリア、7)幅広オフロード風ブロックタイヤなどです。
 スタイリングは“New Crossover BW'S”のデザインコンセプトのもと、左右非対称ヘッドランプ、立体感あるサーフェイスなどを調和させアクティブ感を強調しました。


bws.jpg


bws_map.gif




「YW125X ビ-ウィズ」 318,600円

カラーリング
■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
■マットブラック2(マットブラック)

発売日 2016年2月10日



出典:SUVテイストが楽める都会のストリートコミューター 「YW125X ビーウィズ」新発売


新年早々ヤマハが「NMAX(エヌマックス)」と「YW125X ビーウィズ」と新型125ccスクーター2モデルを発表してきましたね。125ccスクーターは需要や注目度が高いだけに今年もヤマハの勢いが続きそうな感じまします。


新型YW125Xは旧モデルと比較して二灯ヘッドライトはスタイリッシュになり、ボディは無骨で頑丈そうな印象になりました。

フロントフェンダーやナックルガードはオフロード感が出てますし、タンデムバー兼リアキャリアもなかなか使い勝手がよさそう。

約30万円でこれらが標準装備とはなかなかよいのではないでしょうか。

あくまで街乗り用のシティコミューターということですが、スクーターとしてはオフロード走行性能は高そうで、砂利道やちょっとした林道なら問題なさそう。

これ、セカンドバイクに欲しいかも・・

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。