セロー250 2016年モデル発表!新色オレンジ&新デザインに(比較画像あり)

serow2016.jpg
ヤマハ発動機株式会社は、市街地からオフロード走行まで様々なシーンで“操る楽しさ”を味わえるロングセラー“マウンテントレール”「SEROW(セロー)250」に新色を追加、またグラフィックを変更し2016年2月5日より発売します。(「ホワイト/オレンジ」車は3月22日より発売)









新色は「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)」で、伝統のカモシカの顔をグラフィックにおき、前後ホイールのリムにオレンジを調和させ、ダイナミックなアウトドアイメージを印象づけました。定評の「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」は、タンクにグリーン色を配し、シュラウドに新グラフィックをあしらいました。


出典:
ダイナミックなアウトドアイメージを印象づけるオレンジリム採用 “マウンテントレール”「SEROW250」に新色を設定
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/1224/serow.html#_ga=1.260642377.597272235.1447766872



というわけで、2016年モデル発表されましたね!

今回の新色はオレンジ

color01-m3.jpg
出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/color.html

オレンジリムといえば姉妹車であるトリッカーのイメージがありますが、ホワイトのベース色にカモシカが組み合わさることでセローらしくなりますね。

太陽に照らされるとよく映えそうなさわやかなホワイト&オレンジ、フレッシュさを感じつつもどこか懐かしい、そんな絶妙なカラーリングだと思います。






その他のカラーはベージュは継続、グリーンはグラフィック変更とタンクがグリーンになったとのこと。

color02_001-m3.jpg
出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/color.html





2012年モデルとの比較

2012-m3.jpgcolor02_002-m3.jpg

左が2012年モデルで右が2015年モデル

2012zoom-m3.jpg color02_002zoom-m3.jpg

パット見では違いがわかりづらく間違い探しのような感じですが、タンクの塗装とグラフィックの違いの他に、ライトカウルの2本線の位置が変わっているのと、シュラウドの緑の色味が2012年モデルの青×緑の混色から黒×緑になったように見えます。

グラフィックデザインはオレンジと一緒だと思われますので、人気の根強いグリーンは廃止せずにオレンジのデザインと合わせて継続採用されたというところでしょう。


現行モデルで3色もカラーラインナップの存在するオフロードバイクはそうそうないですから、今回3色ラインナップとなったのはセローの今の人気度を反映していると言えるかもしれません。


グリーンは2016年2月5日から、オレンジは3月22日から発売ということで発売はまだ少し先ですが、早く実物を見てみたいですね。


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。