東北みちのくバイク旅2015 ④(終) 福島編 磐梯吾妻スカイライン 会津若松

DSC04211-m3.jpg
北海道編も含めると4ヶ月間に渡りお送りしてきた2015夏の北日本アドベンチャーもいよいよラスト。
東北みちのくバイク旅2日目後編は、東北、いや日本有数の絶景道として知られる磐梯吾妻スカイラインを走り、みちのくを代表する都市、会津若松を旅します。
そこには息を呑む絶景と絶品のご当地グルメが待っていました。



11:00 磐梯吾妻スカイライン

azuma1.jpg

日本有数の絶景道、磐梯吾妻スカイラインに突入




DSC04077-m3.jpg

ぐんぐん高度を上げていく

スカイラインの名に相応しい道だ



azuma2.jpg

しばらくすると景色が一変







12:00 浄土平

DSC04116-m3.jpg

一切経山の火山噴火により生成された火山荒原、浄土平




DSC04111-m3.jpg

ここだけは日本ではないみたいな景色が広がる


DSC04108-m3.jpg

磐梯吾妻スカイラインのメインとなる場所だ



DSC04109-m3.jpg






12:30 吾妻小富士


更に浄土平には吾妻小富士と呼ばれる標高1,707mの火山があり、気軽にトレッキングができる

DSC04117-m3.jpg


今日が最終日なので時間はあまり余裕はないのだが、頂上からの景色が気になるし、これはいかなきゃもったいない






DSC04118-m3.jpg

そうと決まれば登山開始

こんなときライディングブーツではなく軍用ブーツを履いていると便利だ




DSC04119-m3.jpg

10分ほどのトレッキングで頂上に着くと、目の前にはこの壮大な火口

DSC04120-m3.jpg





振り返れば浄土平と磐梯吾妻スカイラインを一望

DSC04126-m3.jpg

DSC04158-m3.jpg

DSC04160-m3.jpg





火口は一周することができる

DSC04130-m3.jpg

向こう側はどんな景色なのだろうか、行ってみよう

ちなみに結構急ながれ場もあり、スニーカーで転倒している人もいたので注意が必要







DSC04153-m3.jpg

反対側へ回ると、原生林の樹海と迫り来る雲海が目に飛び込んできた

DSC04135-m3.jpg

壮大な景色に思わず息を呑む

DSC04143-m3.jpg

やっぱり登ってきてよかった

お盆休みでレストハウスはライダーで賑わっている中、ここへ登ってきているライダーは誰もいなかったが、1時間もあれば登って火口を一周することができるので、磐梯吾妻スカイラインへ来たら是非トレッキングすることをオススメしたい







ちなみに磐梯吾妻スカイラインはまだ続いていて、ここから東側になるとまた違った顔を見せる

DSC04082-m3.jpg



DSC04083-m3.jpg

天空へ続く橋(不動沢橋)

下を覗き込むとこの景色

DSC04089-m3.jpg


いやあすごい道だなここは・・






磐梯吾妻スカイラインを後にすると、国道115号で猪苗代湖へ向かう



DSC04182-m3.jpg

途中にのどかな田園風景があった

DSC04172-m3.jpg

セローはこんな道を走っている時が一番楽しい

DSC04178-m3.jpg






15:00 猪苗代湖

DSC04200-m3.jpg

猪苗代湖へとやってきた

国内の湖としては4番目の大きさを誇る






15:15 会津若松


DSC04208-m3.jpg

続いて会津若松へとやってきた

ここは初めて訪れる都市だ


DSC04205-m3.jpg

東北らしいのどなか景色が広がる


せっかく来たのでご当地グルメを食べていくことにした

調べてみると、会津ソースカツ丼が名物らしい



15:30 めでたいや


DSC04210-m3.jpg

この時間でもやっていて近くにある店ということでこのめでたいやにやってきたが、かなりの人気店だったらしくこの時間でも店内は客でいっぱいだった



DSC04211-m3.jpg

注文したのはラーメン+ミニソースカツ丼1000円

ミニでもこのボリュームである

ソースがじわっと染み込んでいつつもサックサクのソースかつ丼もうまいが

透き通ってあっさり、でも出汁がしっかり効いたスープに触感の良い中太縮れ麺、たっぷりとはいったチャーシュー、シャッキシャキの細切りされたメンマ、そしてなるとがトッピングされた醤油ラーメンも絶品だ

なんとこのラーメン単品だと550円

いや~会津喜多方ラーメン恐れいった

さすが日本三大ラーメンなだけはある









michonokuday2 (3)-m3

腹も満たされた所で雨雲が迫ってきたので帰路につくために国道118号を南下






その後那須で東北自動車道に乗り、宇都宮まで南下したところで局地的ゲリラ豪雨にあい、PAに1時間ほど避難

やはりバイク旅は最後まで何か起こる





※おおまかな走行ルートです。






0:47 帰宅

その後東北道から首都高で大都会東京を越え、見慣れたベッドタウンに戻ってきた時には日付が変わっていた

相変わらずムシムシとした熱帯夜で、深夜だというのにセミが盛大に鳴いていた

近年はコンビニだけじゃなくセミまで24時間営業だ



DSC04213-m3.jpg

北海道編を含めた走行距離は3000kmを少し超えたところで止まった


真夏の北日本3000kmの旅、これにて完結

北海道と東北の大自然とグルメを堪能し、バイク旅の魅力を改めて感じた2015年の夏だった。



東北みちのくバイク旅2015 終



関連記事
   

コメント

完結編
4ヶ月の大作で、お疲れさまでした~。
今回も北海道記事から楽しませて頂きました!
壮大な景色から楽しそうなダート、ご当地グルメまで、知らないところばかりでした。
以前の東北ツーも色々あったようですが、
家に着くまで気が抜けませんね。
それにしても、3000キロとは物凄い距離ですね。
また、楽しみにしてます。

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント