セロー250用リアキャリア デイトナ マルチウィングキャリア レビュー

今回はセロー250用リアキャリア デイトナ マルチウィングキャリアのインプレッション。

セローで旅をするにあたり、リアボックスを積載するためにリアキャリアは必須アイテム。

純正(ワイズギア)のリアキャリアは色が気に入らなかったので選んだのが
新製品の「デイトナ(Daytona) マルチウィングキャリア /セロー250(05- 76072」
amazonにて1万ちょっとで購入



デイトナ(Daytona) マルチウィングキャリア /セロー250(05- 76072

sDSC00687.jpg



・取り付け

s-DSC00692.jpg

プレートと左右のステーがセパレート式になっているため、
純正キャリアのような知恵の輪的にハメこむ必要はなく、取り付けは簡単。
取り付けに際してシートとタンデムバーの取り外しは必要となるが、30分もあれば作業は完了。



s-DSC00690.jpg

フレームやシートと同色の黒なので統一感があってしまる。
見た目がキャリアキャリアしてないので、外観を損なわない。

ただ、予想以上にシート部と段差が生まれたので、
大きな段ボール箱なんかを括りつけるような使い方には向かない感じ。

穴の開いたプレート状で、下に隙間があることで、
ホムセン箱やGIVIベースを、キャリアをいちいち外さずにボルト固定&取り外しができる。
これがマルチウイングキャリアの一番のメリットだと思う。
また、プレート下の隙間にはネットや雑巾なんかを入れとくスペースとして使える。

s-DSC00693.jpg
ホムセン箱(アイリスオーヤマ RVBOX400)を載せた様子


半年間、このボックスをボルト固定して使用した感想としては、
形状的に不安のあった耐久性は全く問題なし。

プレートはアルミなのだが、ステー部分はスチールなので傷がつくと錆びる。
ただ黒なので油性マジックで錆びたところを塗っとけ目立たないので問題なし(笑)

ホムセン箱、リアボックス、GIVI等をボルト固定したり、
シートバッグを取り付けるような使い方には使い勝手の良いキャリアだ。




関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント