空前のアドベンチャーバイクブーム!?ホンダがアドベンチャースクーター「City Adventure」を公開

city-adventure.jpg
Hondaがイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー、一般公開:11月19日〜11月22日)に出展するコンセプトモデル「City Adventure Concept」を発表しました。

BW'sやズーマーXなどのオフロードを意識したスクーターはありましたが、ついにアドベンチャースクーターなるバイクが登場してアドベンチャーバイクブームもここまで来たかという感じです。


■City Adventure Concept
 City Adventure Conceptは、全く新しいアドベンチャーモデルの提案です。市街地でのライディングにもアドベンチャーのスピリットを取り入れました。Honda独自のテクノロジーを進化させながら、お客様のより豊かなライフスタイルの方向性を提案しています。

ホンダ ニュースリリースより
http://www.honda.co.jp/news/2015/2151117a.html


city-adventure1-m3.jpg





今人気のアドベンチャーバイクって?

今回ホンダからアドベンチャースクーターなるものが発表されましたが、そもそもアドベンチャーとはどんなバイクでしょう。

アドベンチャーバイクは直訳すれば冒険バイク、旅バイクの意味で、その名の通り旅に向くようにロングスクリーンやハンドガードを備え、荒れたオフロードも走破できるようにエンジン下の最低地上高が高くされていたり、オフロード寄りのタイヤを備えていることなどが特徴。長距離巡航に向くツアラーと走破性の高いオフロードバイクを足して2で割ったようなハイブリッドバイクと言えます。ツーリングセローもアドベンチャーバイクニーズの高まりから派生したアドベンチャーセローといえますね。

アドベンチャーバイクといえば元々BMWのGSシリーズが有名で、日本のライダーからはアルプス山脈を旅するバイクとしてアルプスローダーと呼ばれていたりもしましたが、世界的に人気が高まり国内メーカーからも発売されるようになり、現在では専門雑誌も発売されるほど「アドベンチャー」というジャンルが確率されました。


   











City Adventureは発売されるのか?

今回発表されたのはあくまで参考出品のコンセプトモデルということですが、気になるのは発売はあるのかということ。

写真を見る限りこのまま発売してもいいんじゃないかと思えるほどの完成度ですね。

city-adventure2-m3.jpg

City Adventureという名はあくまで街乗り向けともとれますが、写真を見る限り高い地上高にアップマフラーと、並の林道程度なら余裕で走れるくらいのオフロード走行性能はありそう。

このまま発売となるとスクーターとしては高額な価格設定になるでしょうが、欧州では高級スクーターは一定の需要がありますし、日本でもスクーター需要は高いですから発売に期待したいところですね。





関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。