北海道ツーリング2015 Part19 十勝川のロングダート~帯広

DSC03780-m3.jpg
9日目 15:30 浦幌町

日没までには帯広まで辿り着けそうなペースなので今日は帯広に泊まることにした。天気予報を確認すると明日は激しい雨になるようなのでキャンプ場ではなくビジホを探すと、帯広では3000円でシングルを予約することができた。まだ帰りのフェリーは予約してないが、おそらく明日北海道を離れることになるだろう。この旅もいよいよ終わりが近づいてきた。


DSC03770-m3.jpg

国道336号を十勝川へ向けて走る



DSC03776-m3.jpg

十勝川河口橋

この橋の側に、十勝川沿いの河川敷を走るロングダートが存在する



その距離は実に30kmを超える

今回の北海道の旅最後の一大アドベンチャーだ




DSC03777-m3.jpg

ここが起点

さっそく鷹がお出迎えしてくれて十勝川水系の自然の豊かさを感じる


DSC03778-m3.jpg

道はすぐにダートとなった

DSC03779-m3.jpg

ひたすら平らでまっすぐなダートを突き進む

DSC03780-m3.jpg

道の先が霞んで見えない

DSC03782-m3.jpg

地平線が見える

こんなオフロードははじめてだ




DSC03784-m3.jpg

キタキツネがいた

20m程の距離を保ってこちらの様子を伺っている

知床のキツネは人間慣れし過ぎていたが、こちらは本来の野生動物の距離感だ

それだけここを通る人間が少ない証拠だろう






tokachi (1)

途中道の真ん中に巨大な糞が落ちていて、側に軽トラが1台止まっていた

そしてここを通りすぎてからしばらくして「パーン」という乾いた大きな音が響き渡った

ひょっとしたらヒグマが出没してハンターが仕留めたのかもしれない

これだけ自然豊かな十勝川だ、羆が森の中から河川敷に餌を探しにやって来ても不思議ではない





DSC03789-m3.jpg

ダート区間を走破した

距離にして15km、ひたすら平原の中を直線が続くものすごいオフロードだった





17:00 ハルニレの木

DSC03797-m3.jpg

ダート区間を過ぎたすぐ先には、ちょっとした観光名所となっているハルニレの木がある

DSC03798-m3.jpg

推定樹齢140年のはるにれの巨木が2本、草原のなかにそびえ立っている

DSC03800-m3.jpg

木の下まで歩いて行くことができる

DSC03805-m3.jpg

立派な太い樹の幹

DSC03806-m3.jpg

十勝川水系の大自然を象徴する存在だ








DSC03811-m3.jpg

ハルニレの木を後にし、十勝国道を横断しても十勝川沿いの道はまだまだ続く

DSC03816-m3.jpg

帯広方面の空が明るく見える

DSC03814-m3.jpg

ひょっとしたら帯広は晴れているのかもしれない






十勝川沿いの道を走破し国道へ出るとその予想は当たった

tokachi (6)

夕日を浴びながら十勝国道を帯広へ向け走る

夕日を見たのは何日ぶりだろうか



tokachi (2)

帯広市街へ突入

明日は天気が崩れるだろうから、今回の北海道の旅で夕日が拝めるのはこれがラストチャンスだ

市街をうろうろするが夕日が拝めそうな場所がなかなか見つからずに気持ちが焦る

tokachi (4)

もうすぐ陽が沈む

十勝牧場展望台まで行けば見事な夕日が見られそうだが、ここから10km以上はある

今から行っても間に合わない


どうする・・











と、その時ふと、3年前の東北の旅最終日に白河で見た夕日を思い出した

sDSC02936.jpg
東北みちのくバイク旅 Day3(2012)




そうだ!橋だ!





十勝川に架かる橋の上からなら、夕日が見られるはずだ!





急いで近くの十勝川に架かる橋へ向けて走る








18:20 すずらん大橋

tokachi (5)

幸運なことにすぐ近くに橋があった


まだここからは夕日は見えない










頼む・・間に合ってくれ・・


































tokachi (3)

やっぱりバイク旅にはドラマが起きる

DSC03819-m3.jpg

たまたま近くに夕日が見事に見られる橋があって、日没ギリギリに間に合った

DSC03835-m3.jpg

バイクで旅して行き着いた先で見る夕日はやっぱり格別だ

DSC03832-m3.jpg

十勝川と十勝山脈に沈む夕日

DSC03839-m3.jpg

またひとつ、バイク旅で見た忘れられない夕日が増えた











すずらん大橋を後にし、宿へと向かう

その前に夕食を食べておこう

帯広では豚丼を食べるつもりでいたが、昼はたらふくザンタレを食べたのでもう肉は沢山だ

そこでもうひとつ帯広で食べたかったカレーショップインデアンへ

DSC03845-m3.jpg

インデアンは帯広市内でチェーン展開するローカルカレーチェーン店だ

夕食時とあって店内は客で賑わっている

鍋持参でテイクアウト注文する客も多い



カレーを注文すると、なんと5秒で出てきた

DSC03846-m3.jpg
インデアン390円

濃厚でコクのあるスパイシーなルーはご飯がよく進む

真っ赤な福神漬がよくあうカレーだ

昼にあれだけ食べてもあっというまに完食できるのだから、「カレーは飲み物」は間違っていない



廚房のお兄ちゃんに目をやると、揚げたカツをものすごいスピードで切ってカレーの上に乗せている

職人技だ

5秒でカレーが出てきたのもうなずける

こんなお店が近所にあったら間違いなく通うだろうなあ






今夜の宿はビジネスホテル グランディⅡ

西帯広駅前にあって駐車場も完備している

DSC03847-m3.jpg

3000円なら十分すぎる部屋だ



シャワーから上がった後はこちら

DSC03848-m3.jpg

北海道限定のカツゲンは残り1個だったので危なかった

DSC03849-m3.jpg

よく走った後のビールはやっぱり格別だ






明日は朝起きて天気を確認してからフェリーを予約するか決めることにした

明日以降の天気予報が覆らない限り明日北海道を離れることになるだろう



こうして北海道の旅後半のクライマックスとなった9日目が終わった




※おおまかなルートです。地図に記載のない道の走行経路は含まれていません。

Part20へつづく


関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。