北海道ツーリング2015 Part17 厚岸~尻羽岬~釧路

DSC03702-m3.jpg
いよいよ9日目、この日は北海道の旅後半のクライマックスとなりました。

Part17では、まずは厚岸から尻羽岬を経由し釧路を目指します。

このエリアもまた素晴らしい景色が広がっていました。



9日目 am5:20 筑紫恋キャンプ場

DSC03607-m3.jpg

朝日を浴びて目が覚めた


DSC03608-m3.jpg

丸2日ぶりの太陽に思わずテントを飛び出す

DSC03611-m3.jpg




しかし喜びもつかの間、太陽が顔をのぞかせたのは早朝の一時だけだった

それでも太陽が拝めただけラッキーだ

というのも、天気予報を確認するとやはり今日も曇り、そして明日からの週間天気予報では北海道全域でずらりと雨マークが並ぶ

日程的にはまだあと2~3日は北海道にいられるが、明日には帰るつもりでいたほうがよさそうだ

いずれにしろ今日は帯広までは行っておきたい




DSC03613-m3.jpg

荷造りを終えて8時前に出発

まずは厚岸湾沿いを走り、厚岸湾に突き出すように湾を形成している尻羽岬を目指す



DSC03623-m3.jpg

線路沿いを走るオフロード


DSC03617-m3.jpg

静かな厚岸湾の眺め、右に見えるのが尻羽岬だ



DSC03624-m3.jpg

根室本線の一両車両

朝釧路に向かう車両なので乗車率はそこそこ




DSC03628-m3.jpg

国道を外れて海沿いの道へ

一車線だが高低差があって面白い道だ


DSC03629-m3.jpg

尻羽岬が近づいてきた




DSC03691-m3.jpg

尻羽岬へは数kmのダートを走る

ダートを走らないと行けない岬とは、どんなところなのか興味をそそられる


DSC03634-m3.jpg

ダートは終始フラットな砂利ダートだが、こういうダートは荷物満載の状態だと一気にずるっといきやすいので注意しながら走る


DSC03685-m3.jpg

海が見える区間はすばらしい景色だ

ガードレールはあまり必要性を感じないが・・


DSC03633-m3.jpg

バイクで来れるのはここまで

5kmほどの豪快なダートだ










DSC03636-m3.jpg

日本ではないみたいな景色が広がる


DSC03641-m3.jpg

とりあえず獣道を歩いてあの丘の上まで行ってみよう


DSC03643-m3.jpg

DSC03647-m3.jpg

360度壮大な景色が広がる

予想通り素晴らしい岬だ

DSC03654-m3.jpg

DSC03644-m3.jpg

道はまだまだ続いている、先端までは片道20分かかるらしい

今日は帯広まで行きたいし天気も微妙だからここまでにしておこう

また来た時には晴れた日に先端まで行ってみたい





DSC03660-m3.jpg

戻る途中に、断崖ギリギリまでいける支線があった

DSC03663-m3.jpg

DSC03664-m3.jpg

DSC03665-m3.jpg

DSC03667-m3.jpg

道北へ行くか迷ったが、太平洋側に来て正解だったと思わせてくれる景色だ

日本各地の海を見てきたが、やはり太平洋というのは一番壮大さを感じる海だと思う






尻羽岬を後にし、北太平洋シーサイドラインで釧路へ向かう

DSC03692-m3.jpg

相変わらずの快走路だが、この辺には道路にポイポイゴミを捨てる輩がいるらしく、路上に空き缶やペットボトルが転がっているので要注意




DSC03694-m3.jpg

このまま釧路へ行くのもいいが、ここ数日林道走り足りないので、2日間走ってきた北太平洋シーサイドラインとはここでお別れしてツーマプに乗っていた名も無き林道へ


DSC03693-m3.jpg

DSC03698-m3.jpg

DSC03701-m3.jpg

なかなか雰囲気があって面白い林道だ

DSC03700-m3.jpg

DSC03699-m3.jpg

この辺は林道が張り巡らされているので道を間違えたが、途中で気付いて本線へ

DSC03703-m3.jpg

見晴らしの良い区間もあった

DSC03704-m3.jpg

完走

ダートは距離にして5km程だったがなかなか面白い林道だった





林道を抜けると根釧国道に出た

この後は釧路へ

Part18へつづく

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。