北海道ツーリング2015 Part15 北太平洋シーサイドライン 霧多布岬

DSC03481-m3.jpg
8日目前半となるPart15では、道東南部、北太平洋シーサイドラインを走り霧多布岬を目指します。

3年前の北海道ツーリングでは走らなかったこのエリアには素晴らしい景色が広がっていました。




8日目 8:00 別海町ふれあいキャンプ場

今日も道東の朝は曇りだが朝でもそれほど寒くはない


DSC03464.jpg



ここ別海町ふれあいキャンプ場はファミキャンも適度にいてほのぼのした雰囲気

家族連れのちいさな男の子がセローを指差して「あのバイクかっこいい!」と言っているのを聞いて思わずほくそ笑む(笑)

少年よ、君はいい大人になるぞ





週刊天気予報を確認すると、道東は明日も曇、そして明後日からしばらくは北海道全域で雨が続くようだ

前半は天気に恵まれていたし仕方がない

予報が外れる可能性もあるにしても、明後日には帯広に戻っておきたい

そう考えると今日根室半島を一周するのは時間的にも体力的にもリスクが伴う

天気もよくないし、無理して行くくらいならまた改めて来たほうがいい

そう考えて、根室半島はスルーすることにした

この判断が後日ドラマを生むこととなった







DSC03465-m3.jpg

キャンプ場を出発すると、まずは西別川の河口までやってきた

この川は鮭やマスが遡上することで有名で、少し上流に行ったところに捕獲場がある

当然下流域は釣りは禁止となっている



ここから野付国道を南下

DSC03467-m3.jpg

風蓮湖に注ぐ川

DSC03468-m3.jpg

人の手が全く加わっていない自然のままの川だ




野付国道はパイロット国道(243号)となり、国道44号にぶつかる

ここの交差点にある給油所で給油すると、店員のお兄ちゃんから明日から根室で金刀比羅神社例大祭という大きなお祭りがあると聞く

なんでも北海道三大祭のひとつなんだとか

根室でゆっくりしてお祭りを見ていきたい気もするが、日程と天気予報的に厳しいので根室はまたの機会にくることにしよう

小さな給油所だと、店員のお兄ちゃんが気さくで地元の情報を教えてくれたりする

セルフやホクレンのような大型GSばかりでなく、たまには小さな給油所に寄ってみることをおすすめしたい




ここから道道988号を抜けて北太平洋シーサイドラインを目指す

DSC03470-m3.jpg

こういう平原を抜ける一車線の舗装路というのはなんだか新鮮



DSC03471-m3.jpg

海が見えた






12:00 北太平洋シーサイドライン

DSC03479-m3.jpg

これが北太平洋シーサイドラインと呼ばれる道道142号線

DSC03480-m3.jpg

前回は来なかったことを後悔するくらい素晴らしい景色だ

晴れていれば最高だろうなあ

DSC03481-m3.jpg

DSC03482-m3.jpg

DSC03484-m3.jpg

DSC03491-m3.jpg

北太平洋シーサイドラインを西へ進む

DSC03493-m3.jpg

DSC03496-m3.jpg

DSC03502-m3.jpg

霧多布岬で形成される浜中湾

DSC03503-m3.jpg

沖には霧多布岬が見える

DSC03504-m3.jpg





ショートカットできそうなダートの脇道があったので入ってみた

DSC03508-m3.jpg

後でグーグルマップを見て気付いたのだが、この辺にムツゴロウ動物王国があるらしい

DSC03510-m3.jpg

ただし案内板はなく一般公開はしていないらしい

こんなところにあったんだなあ




DSC03511-m3.jpg

海と霧多布岬が見えた

DSC03514-m3.jpg

この坂を下っていけば国道に出られそうだ

しかしこの先はかなり急で恐る恐る下った




DSC03515-m3.jpg


海岸沿いの国道に出た

DSC03516-m3.jpg

今からあの霧多布岬の先端へ向かう






14:00 霧多布岬

DSC03521-m3.jpg

霧多布岬へ到着

まずは先端の灯台へは行かずに展望台から景色を眺める

DSC03523-m3.jpg

DSC03525-m3.jpg

霧多布岬東側の断崖

DSC03527-m3.jpg

奇岩と綺麗な海

DSC03529-m3.jpg

先程まで走ってきた陸地が海の向こうに地平線のように見える




せっかくなので霧多布岬の先端まで行ってみよう

DSC03535-m3.jpg

バイクで来れるのはここまで、ここからは徒歩でいく

この辺りは車上荒しが多いようなので用心しておかないとな


DSC03554-m3.jpg

DSC03555-m3.jpg

霧多布岬西側の景色

DSC03556-m3.jpg

いくつもの岬が連なっているように見えるが、向こう三つ目は岬ではなく嶮暮帰島という島だ




DSC03539-m3.jpg

5分ほど歩いて湯沸岬灯台までやってきた

ここから岬の先端まではまだまだ歩く

DSC03541-m3.jpg

DSC03544-m3.jpg

DSC03545-m3.jpg

岬の先端は海鳥たちの休憩所になっていた

DSC03546-m3.jpg

これが霧多布岬先端の景色

DSC03548-m3.jpg

これぞ岬という景色だ

○○最南端とか最北端とかいった有名な岬が日本には各地にあるが、大抵先端からの景色はたいしたことはない

しかしこの霧多布岬は、これぞ岬という素晴らしい景色を見ることができる

先端までやってきてよかった




この後は更に北太平洋シーサイドラインを東へ進み厚岸を目指す

Part16へつづく

関連記事
   

コメント

No title
はじめまして。
いつも楽しみに拝見させていただいております。

悪天候は大丈夫だったでしょうか。

これからも楽しい旅になりますように!

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント