北海道ツーリング2015 Part4 十勝岳スカイライン 望岳台

DSC02496-m3.jpg
3日目 7:00 日の出公園キャンプ場

昨夜は20時には寝て、夜中に一度起きたがよく眠れた。
ほぼ2徹で北海道に上陸したのでまだ寝足りない感じはするが、一晩寝て体力はだいぶ回復した。やはり人間には十分な睡眠時間が必要だ。
もう日も高くなってきたのでテントから出ることにした。



DSC02388-m3.jpg

今日もはじまりの天気は最高

サイトから展望台へ上がって朝のお散歩


DSC02390-m3.jpg

まだ誰もいない日の出公園展望台



DSC02395-m3.jpg

富良野市街は帯状に濃霧に包まれている

DSC02398-m3.jpg


すごい光景だ

DSC02397-m3.jpg




DSC02391-m3.jpg

昨日雲に包まれていた十勝連峰は、今朝はその山並みが見える

向こう側に雲が迫ってきているが、今行けば十勝岳火口も見ることができそうだ

そこでテントは干したままにしてまずは十勝岳へ向かうことにした





day3 (2)

キャンプ場を出たところに近道できそうなオフロード

迷わず進む



DSC02404-m3.jpg


こんなツーリングマップルにもネットにも載っていない最高の景色を見つけられるから脇道探索はやめられない





DSC02405-m3.jpg





オフロードを抜けて北海道道291号吹上上富良野線へ

day3 (4)

十勝連峰へ向かって上って行く快走路だ

day3 (7)



上富良野方面へ振り返る

DSC02521-m3.jpg

道路脇にはラベンダーが植えられている



DSC02526-m3.jpg

十勝連峰が近づいてきた





DSC02516-m3.jpg

道は森を抜ける登坂に



DSC02408-m3.jpg

カーブの途中に、ツーリングマップルに記載されていた林道がある



※地図には記載のない道なので起点部分だけマーキング



十勝岳スカイラインへショートカットする形で抜けられるようだ


今回の北海道ツーリング初の本格林道なので心して突入



day3 (8)

ぬかるんでいる部分を砕石で応急処置がなされていた

キャンプ場に荷物を置いてきて身軽なセロー、問題なく突破




day3 (1)

上がっていくとまだ補修されずにこんな酷いぬかるみもあった

慎重にラインをとって突破




DSC02415-m3.jpg

やがて路面はフラットな砂利ダートに



展望スポットはないが、シマリスや珍しい野鳥も見られて、野性味あふれる山岳林道だ




DSC02423-m3.jpg

十勝岳スカイラインに出た

距離は5~6kmほどだが、一本目としてはなかなか走り応えのある林道であった

DSC02422-m3.jpg





走行動画







十勝岳スカイラインを北上

DSC02429-m3.jpg

雄大な十勝連峰が目前に迫る

DSC02435-m3.jpg





DSC02507-m3.jpg

西側は富良野・美瑛を一望する絶景

DSC02509-m3.jpg

スカイラインの名にふさわしい絶景ロードだ





9:00 十勝岳望岳台

DSC02439-m3.jpg

十勝岳スカイラインの途中にあるのが十勝岳望岳台

駐車場から登山道を少しあるいたところに望岳台がある

DSC02447-m3.jpg


十勝岳火口からは白い噴煙がもくもくと立ち昇る

DSC02444-m3.jpg

十勝岳は今年日本で火山性地震が増えた火山のひとつだ

今後見られなくなってしまうかもしれない景色は、見られるうちにこの目で見ておくべきだろう



DSC02451-m3.jpg

DSC02453-m3.jpg



駐車場へ戻る途中に、中国人団体観光客とすれ違う

3年前はほとんど見かけなかったが、ここ2年での急速な円安もあってか北海道は中国人観光客が本当に増えた

このような静かな雰囲気を楽しみたい観光スポットで団体客と入れ違いでかち合わずに済んだ時は心のなかでほくそ笑む

旅あるあるである





DSC02461-m3.jpg

まだ朝飯を食べていなかったので、ここで朝飯代わりのミルクコーヒー

日が高くなってきて今日も午前中から暑くなってきた






望岳台を後にし、十勝岳スカイラインを美瑛側へ下る

DSC02496-m3.jpg

絶景カーブ

下に向いた矢印の標識は、降雪時に路肩を確認するためのものだ

これがなかったら冬の運転は怖いことになるだろう

DSC02504-m3.jpg

DSC02488-m3.jpg


スカイブルーの空の下、雄大な十勝岳を背に十勝岳スカイラインを下った



十勝岳スカイライン、正式名称北海道道966号十勝岳温泉美瑛線は北海道屈指の絶景ロードであった

美瑛、富良野へ来たら是非走っておきたい道のひとつだ



Part5へ続く

関連記事
   

コメント

うううw
もうGreat Capsばっかりでたまらんです!
No title
セロー初心者のぐるちゃんです。
昔ホンダのクラブマンで北海道ツーリングしてからはや20数年。
今はセローの素晴らしさに感動して、今まで避けていた林道も楽しめています♪
いつもブログ楽しんでみています!
更新待ち遠しいですよ!!
Re: うううw
>かつおさん
Great Capsとな何ですか?
Re: No title
>ぐるちゃんさん
コメントありがとうございます。
完結編までお届けするのに時間がかかると思いますが、
コツコツ更新していきますので最後までお付き合いいただけたら幸いです。
すんません
飲みながらだったので調子に乗って横文字使ってしまいました。すんません笑。いい写真!Great Capture(s)!って感じです!
いつも楽しみにしています
北海道在住のナルと申します
昨年12月にセローを購入、オンロードバイクでは避けていた道を探検しているオフ初心者です。こちらのブログは私のバイクライフに非常に参考になっています。今回の北海道ツーリングも北海道に住んでいる私でさえテンションのあがる内容です。更新楽しみにしています!!
Re: すんません
Captureの略でしたか!ありがとうございます!
Re: いつも楽しみにしています
ナルさん、コメントありがとうございます!
北海道は素晴らしいダートが残されていますね
既にもうまた行きたいです(笑)
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。