ヘルメットカメラに最適なミニゴープロ「GoPro HERO4 Session」7月発売【動画まとめ】

goprosession.jpg
先日GoPro HERO+ LCDにつづいて今年のGOPRO新型モデル第二弾が発表されました、その名はGoPro HERO4 Session。国内発売は7月中旬とのこと。

シリーズ最小モデルとなるキューブ型の形状が最大の特徴であるこのHERO4 Session、主な特徴と動画をまとめました。果たして買いなのか?



GoPro HERO4 Sessionの主な特徴


・HERO4 Black/Silverに比べて50%の小型化と40%の軽量化
従来品の約半分、とにかく軽くて小さい


・フルHD画質(1080/60p)の動画撮影と8メガピクセルの静止画撮影
1440/30p・1080/60p・720/100pの撮影モードを設定することが可能
4k、2.7kはないですがこのサイズで1080/60p撮影が可能なら十分ですね


・ハウジングなしで10m防水
ダイビングしない限りは必要十分の防水性能
今後GOPROもハウジングなしで防水の方向になっていくのでしょうか


・内蔵バッテリーで撮影時間は最大2時間
おそらく低画質モードでの話だと思われますがこのサイズで2時間は立派ですね
内蔵バッテリーにすることで小型化と撮影時間を両立させることができたのでしょう


・本体の向きを自動認識して撮影方向を自動修正するAuto Image Rotation機能
GOPROを逆さにマウントした場合なんかに、上下反転を自動修正してくれる機能
これは地味ですが待望の機能ですね






GoPro HERO4 Sessionの動画



まずは公式動画から
相変わらずすごい映像ばかりですね・・





続いて公式チュートリアル動画
画面右下の字幕ボタンを押せば日本語字幕が表示されます






こちらも公式、プロモトクロスライダーによるチュートリアル動画
「小さくて軽いからバイク撮影に最適」ということを強調してますね






そしてこちらが同価格帯のHERO4シルバーとの比較動画
画質の違いとしては、Sessionのほうが青色が強いのと、暗所に弱い傾向があるようです
色味は好みの問題もあるにしても、暗所の弱さはウィークポイントですね




GoPro HERO4 Sessionは買いなのか?

とにかく小型軽量で思ったよりバッテリー持続時間も長く、操作もシンプルなので、頭につけたりヘルメットマウントで撮影するのに最適ですね。サブ機、2台目として欲しいですが、ネックなのが値段。液晶と4k撮影付きのHERO4シルバーと同価格帯の5万強の価格が予想されています。更にHERO4シルバーとブラックは7月10日現在amazonで12%OFFとなっているため、尚更割高感を感じます。しかし、ユーザーとしては選択肢が増えることはよいことですし、魅力的な製品には間違いないですね。




HERO5はいつでる?

GOPROの購入を検討している方は、HERO5の発売時期も気になるところでしょう。
例年GOPROは夏~秋に新型を発売してますが、HERO3→HERO3+のように毎年モデルチェンジとマイナーチェンジを繰り返していますので、HERO5は来年と考えるのが自然ですね。この夏に使用を考えているのであれば、HERO4シリーズの中から自分にあったモデルを購入するとよいと思います。


関連記事
   

コメント

No title
このブログに影響されて、中華アクションカムのSJ5000wifiを買ってしまいました・・・
Re: No title
くーるさん、返信大変遅くなりました。アクションカムデビューでしょうか?じゃんじゃん撮って楽しんでください^^

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。