【B級ツーリングスポット特集】 神奈川の’珍’坂道 6選

DSC02162-m3.jpg
二輪でツーリングをしていると、誰も知らない観光地化されていない場所なのになんだか珍しい、そんなB級スポット(珍スポット)を見つけることがあります。気になる脇道も入っていける二輪の機動力だからこそそんなB級スポットを見つけやすく、これもまたツーリングの魅力のひとつですね。
そんなツーリング中に見つけたB級スポットの中から、今回は神奈川県にある珍しい坂道に焦点を当ててみました。


あのタモリも唸った!田浦町の「540°ループ坂」

この場所は横須賀の京急田浦駅から安針塚(塚山公園)へ続く道の途中にあり、三浦半島ツーリングの際に見つけた場所なのですが、その後タモリ倶楽部で紹介され、あの高低差愛好家のタモリさんもその珍しさに思わず唸った場所であります。



この道は住宅街から丘の上へと急激に高度を上げるため約1周半ループしており、地元ではののじ橋と呼ばれているそうですが、橋になっているのは立体交差部分のみで、ループ橋というよりはループ坂といった感じ。正式名称はないようなのでここでは540ループ坂と名づけました。


DSC07263-m3.jpg

ループの中心部分が小さな公園になっているのがなんとも可愛らしい

DSC07264-m3.jpg


DSC01778m3.jpg

ループ橋は全国各地に存在しますが、このような住宅街にある坂道がのの字にループしている場所は非常に珍しい、坂道マニアや高低差マニアにおすすめなスポット。
上から下ってくるほうが全景を見渡しやすいです。






まるでウォータースライダー!?愛川町の「水道坂」

この坂は、大正時代に神奈川県北部の愛川町から横須賀まで水を届けるために作られた横須賀水道の上に作られた道路、通称横須賀水道みちにある坂で、その名も「水道坂」



一気に坂を下った先は田園を抜ける気持ちのよいストレートで、まるでウォータースライダーのような形をしています。

DSC07992-m3.jpg

水道として使われていた頃は、ウォータースライダーとは逆でこの急坂を水が登って横須賀まで届けられていたそうな


DSC07993-m3.jpg

かつて水道だったことを考えながら走ると、ちょっと感慨深いですね。






丹沢にあるプチいろは坂「尺里峠」

神奈川にはヤビツ峠や箱根峠といった一気に数百メートル高度を上げる険しい峠があり、それらと比べるとこの尺里峠は地味で誰も知らないような峠なのですが、特筆すべきはつづら折れ。



DSC08726-m3.jpg


日光のいろは坂を彷彿とさせる非常にタイトなカーブの連続で、バイクの車種によってはサイドを擦ってしまいそう。

DSC08728-m3.jpg


本家のいろは坂とは違い一方通行ではないので対向車に要注意。
道幅も狭くあまりにタイトでスポーツ走行は危険なのでやめましょう。






坂道が複雑に立体交差する五叉路 曽我山の「六本松跡」

曾我氏にまつわる史跡が残る歴史ある地域、曽我丘陵。

この山の途中に、坂道が複雑に立体交差する五叉路があります。





DSC09849-m3.jpg

この魅力、高低差好きならわかるはず。


この場所はかつて六本の松が立っていたことから六本松跡と呼ばれ、鎌倉時代に旅人の要所となっていた歴史ある古道とのこと。

DSC09848-m3.jpg

今では農作業の軽トラとハイキング客くらいしか通らないためかつてここが要所だったとは想像もつきませんが、B級スポットと呼ぶには失礼かもしれませんね^^;





神奈川にもあった!?小田原の「ジェットコースターの路」

小田原厚木道路荻窪インターの近くにあるこの坂は、その急な斜度と、南側から下ってきてまた昇るという形状からちょっとしたジェットコースター気分が味わえる坂。



jetzaka.jpg

ジェットコースター感は本家北海道のとは比べ物になりませんが、初めて行くと「おっ」と思うほどの急坂
地元の車の抜け道として使われていて交通量が多いのと、下った先が微妙にカーブしているのでスピードの出しすぎに注意





あのCMのロケ地に使われた、早川の「海の見える坂」

この名も無き坂は元々小田原市の早川にあるみかん畑へと続く農道だったのですが、近年できた観光施設「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」へアクセスする為の道としても使われています。



DSC07571-m3.jpg


DSC07554-m3.jpg



箱根湯元~小田原市街、そして相模湾を見渡すことができ、その景色の素晴らしさから、チョコレートのCMで土屋太鳳が坂を駆け下りていくシーンのロケ地にも使われていました。



神奈川には海の見える坂は数あれどこれだけ景色が見事な坂というのは珍しい。
ちなみにこの坂を上って北側へ下って行くと箱根湯元へと抜けられるので、渋滞時の迂回路としても使えます。


というわけで今回はツーリング中に見つけた神奈川のB級ツーリングスポット、神奈川の珍坂6選の紹介でした。

有名な観光地や圧倒的大自然へ行くことだけがツーリング・バイク旅ではないですし、こういったB級スポットを見つけることもツーリングの楽しさだと思います。

こういった珍スポットは意外と身近にもあるものですし、忙しくてなかなかまとまった時間がとれないライダーでも短時間で行けますので、バイクでB級スポットさがしに行ってみてはいかがでしょうか。




関連記事
   

コメント

こんばんは。
久しぶりのコメント失礼します。

自分も坂は好きです。
上りも下りも。
横須賀のあの場所は行ったことありませんが、おおっ!と思うようなちょっとした場所ってありますよね。
目の付け所が違いますね~。流石です。
こういうところを、後でまとめられるように撮りながら走っていると、ちょっとした近場の道中も楽しめますね!

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント