火山噴火で日本の絶景ロードが走れなくなる!? 各地の規制情報まとめ

s-DSC04845.jpg
連日箱根山の火山性地震について報道されているのでご存じの方も多いかと思いますが、今、火山大国日本では全国各地で火山活動が活発になっています。

そしてこの影響で日本有数の絶景ロードも通行規制されるなど、ツーリングにも影響が出てきていますので、各地の最新情報をまとめました。





箱根山 (神奈川県)

s-DSC07932.jpg
噴火警戒レベル2

5/6(水)~県道734号、735号線の大涌谷三叉路から大涌谷方面通行止め


まずは今連日報道されている日本有数の温泉地、箱根。
現状では通行規制は大涌谷へ通ずる県道のみですが、今後の状況によっては拡大することも考えられますので、お出かけの前に最新情報をチェックしてください。

交通規制情報 |箱根町HP








吾妻山・磐梯吾妻スカイライン (福島県)

sDSC02839.jpg
噴火警戒レベル2

磐梯吾妻スカイライン
・土湯ゲート~浄土平 7時~17時通行可
・高湯ゲート~浄土平 10時~17時通行可


日本有数の絶景ロード、磐梯吾妻スカイラインが連休真っ只中に全面通行止となる衝撃のニュースが入ってきましたが、現在は火山性ガス濃度が基準値以下となったため通行止めは昼間のみ解除されました。
しかし今後も再度通行止めとなることは充分考えられるため、ドライブやツーリングで行く際は最新情報をチェックしてください。



浄土平・吾妻山 || 自然公園財団HP







草津白根山・志賀草津道路 (群馬県)

DSC01088m3.jpg
噴火警戒レベル2

志賀草津道路
・午前8時から午後5時までの間のみ車両通行可能
・立入規制区間内(火口から半径1km圏内)を含む2.5kmの区間では駐停車禁止



日本の国道最標高を誇る絶景ロード、志賀草津道路は、2014年から警戒レベルが引き上げられ、通行は昼間のみ、山頂付近では駐停車禁止となってしまいました。山頂付近には駐車場があり、遊歩道が整備された美しい池や火口までの登山ルートもあったのですが、現在は全て立ち入り禁止です。山頂付近には監視員が常駐しており、物々しい警戒態勢が続いています。今後の状況によっては通行止めも充分考えられます。


群馬県HP 草津白根山周辺 国道292号の通行規制について






阿蘇山(熊本県)

DSC04861-m3.jpg
噴火警戒レベル2

火口から半径約1km以内への立ち入り禁止


世界有数のカルデラを誇る阿蘇山。

写真は2012年に撮影したもので、火口へは車やバイクで直接行くことができたのですが、昨年から警戒レベルが引き上げられ現在は火口を見ることはできません。


阿蘇火山火口規制情報








桜島 (鹿児島県)

s-DSC05271.jpg
警戒レベル3

山頂火口から2km以内立ち入り禁止

昔から度々噴火している桜島。
灰が降ることは鹿児島県民にとっては日常茶飯事のようですが、警戒レベルが3になり大噴火を予測する専門家もいる状況となっています。今後桜島自体に立ち入ることができなくなる日がくるかも?
それにしても灰が降りそそぐ街ってすごいですよね・・。

桜島火山対策に関する情報






※各情報は2015年5月8日現在のものです。お出かけの際はリンク先から最新情報をご確認ください。


というわけで今回は全国各地の火山情報をまとめましたが、日本には110もの活火山があり、この他にも警戒態勢が敷かれている火山はあります。

火山に限らず最近の気候変動や災害でつくづく思うのは、行きたい場所、見てみたい景色は、いつか行こうではなくすぐ行ったほうがいいいということ。富士山だっていつか登れなくなる日がくるかもしれない。そもそも地球は大陸移動や氷河期などを経ていまの形になっているわけで、今後も変動していって当然なのです。何かの歌の歌詞にもありましたが、永久未来続くものなどあるはずがないのです。いつか行こう、定年退職したら行ってみようなどと昭和のサラリーマン的な考えでいたら、その時には見てみたかった景色はもう二度と見られなくなっているかもしれません。


関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。