デジカメやGoProに最適な自撮り棒 ハンドヘルドモノポッド bou5 レビュー

DSC01623m3.jpg
一人旅あるあるとしてよくあるのが、旅先で写真を沢山撮ったけど自分の写ってる写真が全然無い or 腕を伸ばして自撮りしてみたけど背景が全然写ってない、というオチ。三脚セットしてタイマーで撮るというのはなかなか面倒なのでやらないし、ゴリラポッドみたいなミニ三脚だとセットできる場所がないと構図も限られてしまうんですよね。
今回この悩みを解決するべく、今世界的にブームとなっているモノポッドを買って使ってみました。


モノポッドとは?一脚との違い

まずモノポッドとはなんぞや、一脚とは違うの?ということについてですが
一脚は主に手ブレを抑えて安定させて撮影するために持ち手がカメラ側に付いていて、杖のように地面について使うのに対し、モノポッドは主に自撮りをするためにグリップがカメラと反対側に付いていて軽量コンパクトという特徴があります。



モノポッド選び

今回初めてモノポッドを購入するにあたっての条件は

・デジカメ(コンデジ)とGOPROに使える
・仕舞寸法がウエストバッグに入るサイズ
・全長1m近く伸びる
・値段が手頃


この条件でamazonで探してみるものの沢山あってどれがいいのかよくわからない

海外レビューなども参考にすると、どうやら一番人気はこのXショットの様子


xshot POCKET PXS-036

仕舞寸法がポケットに入るほどコンパクトでこれなら持ち歩きに便利
ただアームがメッキなのでピカピカ光って目立ちそうだし値段もそこそこする


他にいいのがないか探して見つけたのがこちら



ハンドヘルドモノポッド bou5


仕舞寸法の短さと全長の長さはXショットに劣るものの
色が黒で目立たないし値段もやすいということで買ってみました



ハンドヘルドモノポッド bou5 開封レビュー

届いたのがこちら

DSC01618m3.jpg

bou5ってのは輸入販売業者が勝手に付けた名前らしくパッケージにはハンドヘルドモノポッドとしか書かれてません

デジカメで自撮りするためのミラーが付いてきますが視認性悪いし、手持ちのRX100M3は180度チルト液晶でミラーは必要ないのでゴミ箱行きですねこれは



DSC01625m3.jpg

あらかじめストラップが付いてました
これは嬉しい心配り

底には三脚穴が付いてます
この三脚穴の使い道は後ほど



ではカメラをマウントしてみましょう

DSC01620m3.jpg

デジカメをマウントするとと丁度レンズが中央にきますね
ネジを回して脱着できるので楽です



DSC01621m3.jpg

アダプターを介してGOPROをマウント
こちらもレンズが丁度中心線上に来ていい感じ



DSC01629m3.jpg

仕舞寸法は23cmで、GOPRO付けたまま折りたたむと25cm位
ポケットに入れるには少し長いですがウエストバッグなんかにはそのまま入るサイズ




びよ~んと伸ばすとこんな感じ

DSC01623m3.jpg

4段階に伸ばせて最長約70cm伸びます
自撮りするには充分な長さでしょう
アームの色が黒で、観光地で使っても目立ちにくいのもいいですね


そしてこのbou5の素晴らしいところはここ

DSC01624m3.jpg

分かりづらいかもしれませんが、それぞれのアームに縦に段差があり、ひねることで固定することが可能
カメラが回転してしまうことを防ぐことができます


DSC00178m3.jpg

約300gあるRX100M3をマウントしても全く回転しません
ハンディカムやミラーレス+パンケーキレンズくらいまでなら使えそうですね



DSC01627m3.jpg

畳んだ状態でハンドグリップとしても使えます


更に、手持ちだけでなくこんな使い方も

DSC01626m3.jpg

底の三脚穴を利用して三脚にセットして高さを稼ぐことができます
前述のようにアームを固定できるのでカメラの重みで下がってしまうことはありません

これ一本あるだけで実に色んな使い方ができますね




モノポッドを使って撮ってみた

実際にツーリングで使ってみました

まずはRX100M3で撮影

DSC01657m3.jpg

おもいっきり白飛びしてるしブレちゃってますね^^;
チルト液晶のおかげで撮りやすいですが、手持ちでタイマー撮影となるとこのような失敗例はどうしても出てきてしまいますね


次にGoPro HERO3+

G0137702m3.jpg

静止画同時撮影機能を使っての一枚
これは素晴らしい写真が撮れました
圧倒的な広角でバイク&自分&風景を同時に手持ちで撮影することができます

モノポッドがない場合にこのような写真を1人で撮影するには、
バイクを降りて
三脚セットして
タイマーセットして
再びバイクに跨ってポーズ決め
をしなければならないので面倒ですが、これは本当に楽


ちなみにRX100M3でも24mmとデジカメの中では広角の部類になるので
画角が33mm程度のiPhoneなんかで撮ると更に画角は狭くなります
やはりこの手の撮影はGOPROが一番ですね



というわけで、今回は初めてモノポッドを使って撮影してみましたが
自撮りだけでなく色んな使い方、撮り方があるので映像の幅が広がりそうですね
動画撮影&編集のモチベーションにも繋がりますし、これからは旅のお供に欠かせない存在になりそうです。





ハンドヘルドモノポッド bou5

関連記事
   

コメント

No title
これは中々良さそうですね。
1人だと自分が写ってるって稀だし、三脚だして・・は面倒になってまぁ良いか・・
これは簡単で良さそうです。
折り畳み傘の先端のネジがカメラに合うので、昔は傘の先にカメラを付けて撮ったりしてました。
自撮りは出来ませんでしたけど(笑)
Re: No title
折りたたみ傘、そんな裏ワザありましたねえ懐かしい
モノポッドは今すごいブームで、特に海外の観光地では皆使ってるみたいですね
これもカメラの軽量化やスマホの普及などでこういう使い方が浸透してきたんだと思います

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。