西日本一周ツーリング Day19 後編 鳥取砂丘

10月22日(月)尾道市

午後は尾道から鳥取砂丘を目指して大移動となる
高速は遠回りになるし使いたくないので、全て下道
となると、ルート選択が重要になってくる。
国道はあまり良いルートがなかったので、県道を乗り継いで山間部を走ることにした。

ところが、最初はよかったのだが、県道400号が失敗で、険道というか普通に危険道だった。
車のすれ違いは不可能な細い道、道路真ん中には砂利や苔が生え放題
苔どころか草まで生えている始末
道路脇はところどころ崩落していて、もし落ちれば沢に転落の恐怖

セローですら怖いのだからオンロードバイクではもっと大変だろう
間違い無くこの旅で一番、いやいままで走った舗装路の中で一番酷かった&怖かったのが
この広島県道400号線だった。


12:40 藤尾ダム

s-DSC06436.jpg

山奥の小さなダム湖へ到着
特に何もないが、紅葉シーズンは綺麗だろうなという場所

s-DSC06437.jpg

ダートが続いている脇道があったので、冒険心を擽られて行ってみることに
しかしダートは1kmくらい続いた後にすぐまた険道に合流

なんとか剣道を脱出すると、道は国道182号→180号と快走!さすが国道!
途中東城の道の駅で休憩しつつ北東へ進む。


すると、突如すごい山が現れた

s-DSC06441.jpg

あの、山陰地方に似つかわしくない迫力ある山は何だ!?

s-DSC06444.jpg

調べてみると、大山(だいせん)という標高1,729mの火山らしい
知らなかったなあ



15:30 蒜山高原

s-DSC06448.jpg

今回何故このルートを選択したかというとこれのため

s-DSC06447.jpg
蒜山焼きそば650円

そう、昨年のB1グランプリ、ひるぜん焼きそば!
これが食いたかったのよね

いやあ、なかなかのボリューム、いい匂い!
美味い!極太のパスタのような麺に、スパイシーな味付け
さすがB1グランプリだけある。

この時客は自分だけだったのだが、後から女子大生4人組がやってきた
まず外の花畑が綺麗ということで盛り上がっている(笑)楽しそうだ
お陰で雰囲気が一気に華やかになる
女子力恐るべし

しかし、自分はあまりのんびりしていられない
明日は天気予報は悪いので、なんとか今日の日没までに鳥取砂丘に着きたいのだ
蒜山焼きそばをかっこんで出発!

国道313号を北上して遂に日本海に出た!
続いて国号9号を東進して鳥取市街を抜け・・


17:20 鳥取砂丘

s-DSC06451.jpg

着いた!日没までに間に合った!

s-DSC06457.jpg

すぐさま砂丘へ走り出す

s-DSC06464.jpg

初めての鳥取砂丘にテンション上って急斜面を駆け上ったらむっちゃ疲れた

s-DSC06466.jpg

休日には広い砂丘が人で溢れかえるという鳥取砂丘も
月曜の夕方はほとんど人がいない

s-DSC06468.jpg

薄暗い砂丘も雰囲気があっていい

s-DSC06472.jpg

美しい砂紋

s-DSC06473.jpg

壮大な景色に、日没までずっと砂丘の上に座って海を眺めていた

s-DSC06476.jpg



いやあ、今日はよく走った上に砂丘で一人はしゃいじゃったもんだから、疲れた・・

自販機でジュースを買い一服していると、原付にのったおっちゃんが近づいてきて話しかけられた。
どうやらこのおっちゃん、仕事帰りに鳥取砂丘に寄っては、旅人を見つけると話しかけては、
仕事や人生について語るのが好きなようだ。
このおっちゃんに鳥取で何か美味い飯はないか聞くと、「ない!」の一言(笑)
ついでに、明日行く予定の天橋立までのルートを聞いてみると、ひたすら9号を東進するのが良いようだ。
この情報が、明日良いことをもたらしてくれることになる。


おっちゃんと別れて晩飯はパスタを食べ、鳥取市内の自遊空間へin


いよいよ旅も残り僅か、明日は日本三景天橋立を目指す。



19日目の走行距離:240kmくらい


大きな地図で見る


関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。