【比較動画あり】GoPro HERO4リーク情報 200ドル以下のオールブラックモデル「HERO」の存在が判明

hero4m3.jpg
今までGoPro HERO4関連のリーク情報は信ぴょう性の低い噂レベルの話しばかりでしたが、今回リークされた情報は米大手カメラ情報サイト「PetaPixel」によるもので、画像や具体的な情報がリークされていて話題になっていますね。

4k30fpsや背面タッチパネル等、予想通りの順当な進化であるという印象を受けますが、先ほど追加のリーク情報が発信されました。

それによると、タッチパネル搭載モデルとは別に、「HERO」と呼ばれるエントリーモデルも存在するとのこと。






今回の記事を要約すると

・単純に「HERO」と呼ばれる安価な、エントリーモデルが発表される。

・HERO4ブラックとシルバーエディション4K/30ビデオおよびタッチディスプレイを備えているが、「HERO」はこれらの機能のいずれかを提供していないローエンドのカメラになる

・映像は1080p30fps&720p60fps

・バーストフォト機能では、5メガピクセルの静止毎秒5コマの速度でフレームをスナップする。 0.5秒タイムラプス機能もある。

参考:http://petapixel.com/2014/09/27/gopro-launch-cheaper-low-end-action-camera-simply-called-hero/




今回の情報をまとめると、各モデルと大きな違いは以下のとおり


GoPro HERO4 Black:4k30fps

GoPro HERO4 Silver:4k15fps&タッチパネル搭載

HERO:1080p30fps、オールブラックの安価なモデル



ということのようです。

ちなみに「HERO」の価格はGIZMODOの情報によると200ドル以下になるとのこと









更になんと、ロシアのガジェット系Youtubeチャンネルに比較動画がUPされています。



実際に操作、撮影している映像やパッケージまで映っていますね

ここまでくると信憑性はかなり高くなってきます。



ちなみに発売日はまだ不明で発表は10月8日になるとのこと。

とりあえず10月8日を楽しみに待ってみたいと思います。

関連記事
   

コメント

※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。