オフライン対応ナビアプリ「MapFan for Android 2014」使用レポート

DSC01504m3.jpg
今までバイクナビはGoogle Mapsをスマホで使用してきましたが、グーグルマップはナビ機能はオフラインでは使えません。

オフラインで使えないと不都合もあるので、かねてからオフラインナビアプリは気になっていましたが、今回オフライン対応ナビアプリ「MapFan for Android 2014」をキャンペーン価格100円で購入することが出来たので、実際にツーリングで使用してみました。


現在バイクナビは機種変して使わなくなった防水スマホをナビ専用機として使っていて、SIMカードは抜いてあるのでデザリングして使用している状態なのですが、バイクから離れるとデザリングが切れて再接続しなければならなかったりとちょっと面倒なんです。

それに、グーグルマップのようなオンラインナビアプリだと、電波の届かない所だと目的地の設定等ができなくなってしまう。ドコモでも山奥の林道なんかに行くとまだまだ電波が届かない場所ってあるんですよね。

グーグルマップがナビ機能もオフライン完全対応してくれれば良いのですがその気配もないし・・と思っていたところに、「MapFan for Android 2014」がリリースされ、リリース初日はキャンペーンでなんと100円だったので迷わずダウンロード。


MapFan 2014 - オフラインで地図やナビが使えるAndroidアプリ
https://www.mapfan.com/android/year/


機能や詳細はリンク先を見ていただくとして、ここではバイクツーリングで使用してみてのグーグルマップとの比較をレビューしたいと思います。



ツーリングで使ってみた

ダウンロードしてからしばらく放置してたのですが、先日のツーリングで使用してみましたのでレポートしていきたいと思います。

DSC01484m3.jpg



・レーン表示やPA・SA情報等ナビ機能は充実
簡易的ではありますがレーン表示はありますし、高速走行中にPA・SA情報も表示してくれます。
また、ナビ中も六ヶ所先まで右左折を表示してくれるのも良いですね。
これらの機能はグーグルマップにはない機能で、想像以上にしっかりとカーナビ機能が備わっている印象です。



・次の交差点までの距離表示は1メートル単位
次の右左折ポイントまでの距離表示がグーグルだと確か50メートル単位だったので
脇道の多い道だと目的の右左折ポイントを通りすぎてしまうこともしばしばあるのですが
こちらは1メートル単位で表示されます。これもアドバンテージですね。



・リルートは速い
グーグルマップは目的地設定の時だけオンラインにすれば、あとはオフラインでも案内はしてくれます。
ただしオフラインだとリルート機能がろくに働かなくなってしまう等のデメリットがあります。
その点、こちらはさすがオフライン対応ナビで、リルートも一瞬で表示されます。
リルート速度はオンラインのグーグルよりも上かも!?



DSC01504m3.jpg

・林道もしっかりナビしてくれる
林道ツーリングに行く身としては気になるのが林道を案内してくれるかどうか
地図アプリによっては林道自体表示がなかったりしますが、試しに大楠山林道を目的地にしてみましたが
しっかりとナビしてくれました。これは素晴らしい!




Google Mapsと比べてここがダメ

次にGoogle Mapsと比べてダメだと思った点を挙げてみます



・約5GBもの容量を食う
この「MapFan for Android 2014」はオフラインナビの為地図データを丸々ダウンロードする必要があり、なんと実に約5GBもの空き容量が必要になります。Android端末なら大容量microSDカードが使える機種が多いですが、Nexus7のようなmicroSDカードを使えない端末ですと確実に容量を圧迫することでしょう。



・地図表示が重い
まず気になったのが地図表示速度。
ダウンロード型なのでもっとサクサクかと思いましたが、グーグルマップと比べると表示速度は遅いですね。
まあこれはグーグルマップがサクサク過ぎるとも言えるのですが。



・検索機能がイマイチ
一度グーグルマップの簡単秀逸な周辺検索機能に慣れてしまうと、どの地図アプリを使っても不満に思ってしまいますね。これがGoogle Mapsから離れられない大きな理由のひとつ。



・音声案内がない
Google Mapsには聞き取りやすい秀逸な音声案内がありますが、これには音声案内機能はありません。
普段耳を頼りに運転している人にとってはこれは致命的な欠点となるでしょう。




総評

実際に使ってみて、やはりグーグルマップと比べて上記のように良い所悪いところありました。

個人的には、グーグルマップのPCとスマホの連携機能(予めPCで気になる地点をブックマークしておき、スマホでナビを使う際に目的地にできる)は、ツーリングでは外せない機能なので、今後もグーグルマップは手放せません。

しかし、レーン表示やSA・PA情報、そしてなによりいつでもどこでも電波の届かない場所でも使えるというアドバンテージは大きい。今後は高速を使ったルートではMapFan等、状況に応じて使い分けていく形になるかと思います。


価格とコスパについてですが、私は100円で購入できたので文句無いですが、正規価格は3600円(税抜き)とそれなりにしますので万人にオススメできるものではないかもしれません。しかし、同じくオフラインに対応している対抗のナビアプリであるNAVITIMEの「カーナビタイム」は月額600円、年間だと5700円しますので、比較すると半年も使えば充分に元は取れる計算になります。

ちなみにこの「MapFan for Android 2014」は地図更新はなく、おそらくツーリングマップルのように毎年年度版がリリースされ、必要に応じて買い換える形になるものと予想されます。


MapFan for Android 2014、自分の使い方に合えばよいナビアプリになるのではないでしょうか。


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント