ロングツーリング後のオイル交換 新旧ヤマルーブの比較

DSC00170m3.jpg
今回のツーリングでは1000km走りましたし、前回のエンジンオイル交換から2000km以上経ったのでセローのオイル交換をしてあげることにしましょう。

夏場のエンジンが高温にさらされる時期ですが果たしてオイルの具合はどうでしょうか。

エンジンオイルはセロー購入後からずっとヤマハ純正のヤマルーブを使ってきましたが、今回ヤマルーブがリニューアルしましたので比較してみました。



他メーカー乗りからも大人気のヤマルーブは4月からパッケージが新しくなりました。



ヤマルーブ プレミアムシンセティック 10W40

本当は中身も進化したヤマルーブ プレミアムシンセティックを試したかったんですが
今回はヤマルーブスポーツの残りがあったので今回もスポーツで。




ヤマハ・ヤマルーブスポーツ20L(10W-40)

ヤマルーブの何がいいって、パッケージがかっこいいですよね。
新デザインも旧デザインもどちらもよいです。
この旧デザインのベール缶欲しくて20L缶買おうかと思いましたが冷静になって思いとどまりましたよ(笑)
オイル類や洗車グッズ入れておくのにめちゃくちゃほしい・・



さて、では新旧ヤマルーブスポーツの比較をしてみましょう

DSC00170m3.jpg

デザインが少し変わったのと、缶が角型から丸型になりました。
丸型のほうが最後の一滴まで注ぎやすいですね。

スポーツの方は多分中身は変わってないと思いますが、一応見ておきましょう


DSC00175m3.jpg
旧型

DSC00176m3.jpg
新型

開封済みだからか、旧型の方がわずか~に濃い気がしますが、多分同じだと思います。
中身も変わったらプレミアムと同様発表すると思いますし。



では、ちゃちゃっとオイル交換していきましょう。

DSC00166m3.jpg

まずは走行距離記録しておこう。いつも正確な数字メモるの忘れるんですよね^^;
それにしても時刻が不吉だ・・


少しエンジン暖気してオイルを抜き~

DSC00171m3.jpg

最初はドロっと濁ったオイルが出てきて、後半はまだ透明性の残ったオイルが出てきます。
多分これくらいが丁度良い交換時期だと思ってます。



ドレンボルトチェック

DSC00173m3.jpg

今回も鉄粉がびっしり付いてました

DSC00174m3.jpg




キジマ(Kijima) ワイヤーロックドレンボルト 105-112

このキジマのマグネット付きステンドレンボルトを使ってるんですが、本当に優秀ですよこいつは。
純正のドレンボルトは毎回緩める時に舐めそうな気がしてビクビクしてましたが、こいつは全く舐める気配がなくオイル交換が気楽になりました。毎回鉄粉ビッシリ拾ってくれるし、純正採用してもいいんじゃないですかね。



オイルを抜いている間は、こちらも1000km走行したのでチェーン注油

DSC00172m3.jpg



D.I.D [ 大同工業 ] チェーンルーブ 420g 903011 [HTRC2.1]

使ってるチェーンルーブはこれ
セローが純正採用しているチェーンメーカーのオイルなんで安心感がありますね
あとノズルが金属製で細長いんでさしやすいです。
KUREのスーパーチェーンルブも悪くなかったですが、容量が少ないんで残りは携帯用にしました。


オイルが出きったらドレンボルト締めてオイル注いで完了。
丁度規定値の1.2Lでぴったりでした。

いや~やっぱりオイル交換後は新車のようなフィーリングになって気持ちいいですね。
やはりセローは2000kmがひとつのオイル交換の目安になると思います。
次はヤマルーブプレミアムシンセティックの方も試してみたいですね。


関連記事
   

コメント

ギアが下がりませんでした
古い記事のコメント失礼します。

私もセロー250インジェクションに乗っておりますが
先日90分ほど走りラーメンを食べ、帰る途中に3速以下のギアが入ったり入らなかったりして焦りました。
チェンジペダルがスカスカの状態です。エンジンオイルの影響でしょうか?結構高回転を使用しました。

仕様は2014年式、約5000キロ走行しており、ホンダG2オイルを使用しています。エレメントは交換しませんでした。汚れていたんでしょうか?

お返事いただけると幸いです。

Re: ギアが下がりませんでした
オイル交換やチェーン清掃を怠っていると固くなる場合はありますが、スカスカというのが気になりますね。
改善がみられないようでしたら念のためおショップでみてもらったほうがよいかと思います。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。