2014夏 群馬・長野 高原キャンプツーリング Day3 後編(終) ビーナスライン~八ヶ岳高原ライン

DSC01303m3.jpg
全9編に渡ってお届けしてきた今回の旅もいよいよクライマックス。
ラストとなる3日目後編では、こちらも日本屈指の高原絶景ロード、ビーナスラインと八ヶ岳高原ラインを走ります。

ビーナスラインも2年前にセローで走ったことがありますが、やはり素晴らしいところでしたね。



長野県道40号を南下し、本日4つ目の高原となる霧ヶ峰高原を目指す

vlcsnap-2014-08-09-22h36m46s26m3.jpg

この道もなかなかの快走路だ



14:30 雨境峠

DSC01259m3.jpg

途中に牧場があったので寄ってみた

DSC01269m3.jpg

なかなか広大な牧場だ

DSC01264m3.jpg

馬が放牧されていて近くで見ることが出来る

DSC01262m3.jpg

馬って間近で見ると迫力があってかっこいいなあ

DSC01261m3.jpg




14:50 女神湖

DSC01272m3.jpg

続いて立ち寄ったのは女神湖

DSC01273m3.jpg

小さな湖でとてものどかな雰囲気だ
のんびりしていきたい気もするが今日はまだまだ先は長い



15:30 霧ヶ峰湿原

DSC01277m3.jpg

本日4つ目の高原、2年ぶりにやってきた霧ヶ峰高原

ビーナスラインで有名でこの時期は道路も駐車場も車で一杯になるのだが、2年前に来た時に見つけたこの霧ヶ峰高原と霧ヶ峰湿原を結ぶ道は交通量もほとんどなく絶景で超穴場!

DSC01283m3.jpg

DSC01280m3.jpg

DSC01288m3.jpg

DSC01293m3.jpg

DSC01285m3.jpg

DSC01303m3.jpg

G0015111m3.jpg

G0015102m3.jpg

いや~気持ちいい!
しばらくここで写真撮ったりぼーっと流れる雲を眺めていた




16:00 ビーナスライン

G0035203m3.jpg

さあここからはビーナスラインを東進して八ヶ岳へ向かう
GoProの静止画同時記録機能を使ったオンボード画像で日本有数の絶景ロードをご堪能あれ

G0035205m3.jpg

G0035210m3.jpg

G0035212m3.jpg

G0035219m3.jpg

G0035223m3.jpg

G0035237m3.jpg

この霧ヶ峰高原~白樺湖までがよく雑誌で紹介される絶景区間だが
白樺湖を過ぎてもまだビーナスラインは続く

G0055330m3.jpg

景色は一変し、白樺並木の中を行く
ここからは初走行だ


G0055345m3.jpg

片側だけ登坂車線のある区間は道のど真ん中を走れて爽快!


G0065385m3.jpg

長野県道192号に突入
ちなみにビーナスラインは長野県道194号~40号~192号を総称して呼ばれる


G0065393m3.jpg

女の神展望台付近
雄大な八ヶ岳が目前に迫る


DSC01338m3.jpg

途中道路脇が滝のようになっている場所があった

DSC01340m3.jpg

八ヶ岳周辺の水の豊かさを感じる光景だ


G0075637m3.jpg

ビーナスラインから国道299号、別名メルヘン街道へ
再びぐんぐん高度を上げていく




17:00 麦草峠

DSC01345m3.jpg

標高2127m メルヘン街道最高地点 麦草峠

ちなみにここは志賀草津道路に続き、日本の国道標高第2位
1日で国道最高地点トップ2を走破したことになる

しかし木々に覆われていて展望は望めない
トレッキングすれば絶景を見られるようだが、今日はもう時間がないので先へ進む



vlcsnap-2014-08-09-22h00m10s96m3.jpg

国道299号から国道141号を南下し、八ヶ岳を時計回りにぐるっと回る
いつの間にか正面には夕日が沈む八ヶ岳



18:00 八ヶ岳高原

DSC01352m3.jpg

気になる脇道に入ってみると牧草地に出た

DSC01351m3.jpg

雲がかかり夕日が沈む八ヶ岳には神々しさを感じる

こういう景色が見られるからバイク旅はやめられない



国道141号から八ヶ岳高原ラインへ

vlcsnap-2014-08-09-22h01m51s20m3.jpg

高速コーナーが続く快走路だが、展望ポイントといえばこの東沢橋くらい

たしかもっと絶景な大きな橋があったはずだが・・




18:30 八ヶ岳高原大橋

DSC01362m3.jpg

ここだここ、雑誌とかによく載っている橋
てっきり八ヶ岳高原ラインにあるのかと思っていたら、地元の車がビュンビュン走る生活道路だった


DSC01355m3.jpg

しかしこんな橋よく作ったよなあ


DSC01361m3.jpg

日没間際、いつのまにか八ヶ岳は雲に覆われていた

この場所を今回の旅の最後のスポットとし、長坂ICから中央道に乗って帰宅

帰宅は夜中になったが、もわっとした熱気が体にまとわりついて、いかに高原が涼しかったかを思い知らされた。




3日目後編の走行ルート




全ルート
mapm3.jpg

トリップメーターでは991kmを記録

最大標高差2000m以上

グラフを見れば今回のツーリングがいかに高度を上げ下げしていたかがよくわかる

日本のどまんなかをぐるっと一周1000km2泊3日の旅

3日間、テレビもネットも見ず、スマホを使うのはナビだけ

目覚ましもかけずに日没後に寝て、日の出と共に目覚める

そんな贅沢で最高な3日間を過ごすことが出来た旅だった




旅を終えて

遂に今回の旅のレポートが終わりました。いや~長かった・・。
写真撮影枚数1000枚、GOPRO動画総撮影データ容量100GB 越と、UDB3.0環境を導入していなかった一体データ転送だけで何時間かかっていたんだというデータ容量でしたが、常に撮影し続けた甲斐があり、旅の行程を途中端折らずに全てお届けできたと思います。

今回は2年ぶりのキャンプツーリングになりましたが、少し懐かしさを感じつつ、やはりバイク旅っていいなあと再確認できた旅になりました。今回旅した群馬・長野エリアは雄大な山々に囲まれ、ツーリングスポットは至る所にあり、今回行った場所も極一部に過ぎないと思います。東京から日帰りでも行けるけど、1日ではとても回りきれない、そんな場所が信州だと思います。もう高原や絶景をまわってお腹いっぱいですが、調べてみればまだまだ行ってみたいところは出てくるんですよね。今度は春や秋の空気が澄んだ時期にも行ってみたいと思っています。

そして今回の旅では、2年前よりも装備や道具がだいぶ充実したことも旅の充実に繋がりました。GORE-TEXジャケットの快適性やプロテクターの安心感。キャンプグッズの充実。まあキャンプは本格的に楽しむならまだまだですが・・。カメラもGOPRO、デジカメ共に2年前より高画質化して、綺麗に旅の記録を残せました。あとはセローのカスタム!AIキャンセルしたことで標高2000mの高地でもアフターバーンが一切なくなりましたし、パワーボックスエキパイのトルクフルなフィーリングは長旅でも飽きることなく終始走りを楽しめました。そしてフォグライトは高速で独走中も明るく安全性・安心感が段違いに向上しましたね。今までやってきたことは全てに意味があり正しかったんだと実感できました。

さて、お盆休みに突入しました。残念ながら台風が本州上陸するようですが、台風が過ぎれば台風一過の快晴になることが予想されます。お盆休みにツーリングを計画されている方は熱中症や土砂災害には十分注意していただけたらと思います。
それでは、ここまでお読み頂きどうもありがとうございました。


関連記事
   

コメント

No title
お!このビーナスライン+八ヶ岳ルートは、私も今週15日に行きますよ。大型バイク2台+250ccオフなので、オンロードオンリーですけど(笑)

で!この「霧ヶ峰高原と霧ヶ峰湿原を結ぶ道」ですか!!かなりヨサゲですね。私も行きたいです!!詳細を願わくば、教えていただけると嬉しいです~。

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント