2014夏 群馬・長野 高原キャンプツーリング Day3 中編 バラギ高原・高峰高原

DSC01236m3.jpg
3日目最終日は草津を離れ南下を開始しますが、このまま帰りはしません!

高原と高原を絶景ロードと林道で繋いでいく今回のツーリングはここからがクライマックス!

最終日の3日目は実に5つもの高原を絶景ロードと林道で繋いでいきます。



DSC01202m3.jpg

草津温泉街を離れつまごいパノラマライン北ルートを南下


DSC01206m3.jpg

同じ道も行きと帰りでは違った景色が見れたりするので、たまには帰りも行きと同じ道を走るのも悪くない



11:00 バラギ高原

DSC01213m3.jpg

つまごいパノラマラインを少し外れてバラギ高原にやってきた
ここにはバラギ湖という周囲2km程の小さな湖がある
自然のままののどかな湖だが、管理釣り場となっていて釣りをするには高額な利用料が必要となる


DSC01211m3.jpg

道路を挟んで反対側には無印良品がプロデユースする嬬恋キャンプ場がある
ロケーション的にとてもいいキャンプ場だが、それだけにこの時期は家族連れで賑わっていて
ソロキャンにはちょっと向かないかもしれない



DSC01217m3.jpg

バラギ高原のキャベツ畑のなかをいく

DSC01218m3.jpg



DSC01222m3.jpg

再びつまごいパノラマラインに戻り、南ルートを南下

DSC01224m3.jpg

DSC01228m3.jpg

DSC01230m3.jpg

DSC01232m3.jpg




つまごいパノラマライン南ルートを県道95号を過ぎたところで右折し高峰高原へ向かう



湯の丸高原が夏季交通規制との情報と、交通量が少なそうという理由でこのルートを選択したのだが
なんと道は途中からダートに

DSC01236m3.jpg

ツーマプにも何も書かれていなかったので、これは嬉しい誤算だ


DSC01237m3.jpg

綺麗な砂利のフラットダートが続く

DSC01238m3.jpg

こういうダートは荷物積載状態だとリアが滑って転倒しそうになるので慎重に走る

DSC01239m3.jpg

湯の丸高原の交通規制のためかどうかわからないが乗用車が結構通っていて交通量は多い
このダートを地元の車は結構飛ばしていくので、危うく後ろから猛追してきたハイエースに追いつかれるところだった(笑)


DSC01240m3.jpg

高度はぐんぐんとあがり針葉樹林が多くなってきた


DSC01243m3.jpg

この旅では今まで高度を測ることを忘れていたが、ここで高度アプリ計で測ってみた
標高は1700mを超えている


DSC01241m3.jpg

高地にしかいない希少なトンボ・・かどうかはわからない


DSC01234m3.jpg

ダートが終了
ダート区間は距離にして5kmくらいだろうか


DSC01233m3.jpg

ここから先はいきなり綺麗な2車線路に
このダートも近いうちに舗装化される運命なのだろうか

ちなみにこの道について帰ってから調べたものの、林道名や道の名前があるのかわからなかった




12:30 高峰高原

DSC01247m3.jpg

高峰高原に到着

DSC01249m3.jpg

標高2000mからの下界の眺めは圧巻


DSC01251m3.jpg

高峰高原ホテル2階にレストランがあるのでここで昼食にする

DSC01254m3.jpg

窓際の席からの眺めも素晴らしい
空気の澄んだ時期なら遠くの山々まで見渡せるようだ


DSC01255m3.jpg

デミグラスひれかつ丼1100円を注文

観光地のレストランということで期待はしてなかったが、衣サックサクで中の肉はめちゃくちゃ柔らかくて美味かった
いや~満足



直後は下界に向けて下山開始



13:30 東御市

DSC01256m3.jpg

下界へ降りると、そこはのどかな田園風景

しかし下界のしかも盆地の暑さは半端ではなく、もわっとした熱気が体を包む


DSC01258m3.jpg

コンビニで休憩


3日目前編~中編の走行ルート



この後は日本屈指の絶景ロード、ビーナスラインと八ヶ岳高原ラインへと向かう

この旅もいよいよクライマックスだ


3日目後編へ続く

関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。