2014夏 群馬・長野 高原キャンプツーリング Day2 中編 万沢林道・四万温泉

DSC00765m3.jpg
野反湖を後にすると、近くにある万沢林道へ向かいます。ツーマプによるとダート20km越えのロングダートで通りぬけ可能とのこと。

なぜわざわざセローのような積載性が低く長距離巡航の苦手なオフ車で旅に出るのか。それはオンロードマシンでは入るのに躊躇する小道や荒れたオフロードを走れるからにほかならない。冒険してる感や満足度が違うのです。


10:10 万沢林道起点

DSC00757m3.jpg

万沢林道の起点は野反湖から国道405号を5km程下ったところにある



ツーマプによると21km連続でダートとのこと

南関東では10kmを超えるようなダートはほとんどないので期待に胸が踊る


通りぬけ可能な林道だが、方角的に戻る形になるので荷物を下ろしていくことに

DSC00759m3.jpg

本来の身軽な姿に戻ったセロー
タイヤの空気圧も高速走行寄りから標準値に戻した
本当はもっと下げたいところだが、この暑さのなかでまた入れなおすのは気がひけるので・・

おろした荷物は茂みの中に隠しておく

DSC00758m3.jpg

マットで完璧な?カモフラージュ(笑)
盗られないか少し不安はのこるものの、こんなことが出来るのもここが日本だから


路面はしばらくは固くて乾いた砂利のフラットダートが続く

DSC00767m3.jpg

このストレートは北海道を思わせる
この先までは工事車両が出入りするためにこのような幅の広いダートになっているようだ


DSC00765m3.jpg

タイヤは真っ白に粉を吹いている


この先は下りとなり、道は突如として真新しい舗装路に

yuzawa (1)m3

本当に最近舗装されたばかりのようだ
これはもしかして・・嫌な予感がする
引き返そうかとも思ったがもう少し先へ行ってみることにする


DSC00778m3m3.jpg

下りが終わったところに結構高い橋がある

DSC00779m3m3.jpg

綺麗な渓谷
人の手が加わっていない自然の造形美だ


ここから先は上り道になった
崩落箇所を補修した形跡がある
今年の梅雨の大雨で被害をうけたようだ
これでは舗装化も致し方ない

道はその後再びダートに突入して一安心

yuzawa (3)m3

カーブを繰り返しながら急勾配を登っていく

yuzawa (2)m3

落石が多くガレ気味で慎重なライン取りが必要になる
ガードレールもないのでスリリングだ
荷物を降ろしてこなかったらかなり怖い思いをしていただろう


DSC00784m3m3.jpg

頂上と思われるところまで来た

DSC00783m3m3.jpg

標高は1300mを越え、木々の間から遠くまで望むことが出来る

ここからは下り坂となり、更に慎重に進んでいく



DSC00788m3m3.jpg

途中広くなっている木陰で休憩

DSC00801m3m3.jpg

ここは岩の上に白樺が生い茂り神秘的な光景となっている
南関東の林道は基本的に杉林が多いのでこのような光景はなかなかない

DSC00802m3m3.jpg

四国の秘境で見た光景を思い出す
いつカモシカや熊がひょっこり出てきたもおかしくない雰囲気だ


DSC00806m3m3.jpg

途中いくつもの沢・渓流を越えていく
本当に秘境感あふれる林道だ


DSC00812m3m3.jpg

高度が下がり、暑さがましてきた


DSC00815m3m3.jpg

そして遂に走破
いや~長かった


万沢林道走行動画



舗装区間はカットしてUPしたが、それでも再生時間40分越

新たに舗装された区間を考えるとダートは20kmもないと思うが、それでもかなりのロングダートだ
秘境感に溢れ、スリリングで、これぞ日本の林道という魅力溢れる林道だった


万沢林道を抜けると、そこは四万温泉
せっかく来たので入って行くことにする


12:00 四万清流の湯

DSC00817m3m3.jpg

ツーマプに載っていた日帰り温泉で、嬉しい事に時間制で2時間500円で入浴が可能

DSC00819m3m3.jpg

その名の通り四万川の清流を望む露天風呂が自慢の温泉

DSC00821m3m3.jpg

客がいないうちに撮影
温泉も施設も実にシンプルだが、清流を眺めながら入る温めの露天風呂はこの時期には最高だった


ひとっ風呂浴びたらお次は昼飯


DSC00823m3m3.jpg

四万温泉街にある創業130年の蕎麦屋・小松屋
ここもツーマプに載っていた

DSC00824m3m3.jpg

店内には故・児玉清さんのサインが何枚も飾られている
どうやら児玉さんお気に入りのお蕎麦屋さんだったようで、生前何度も来ていたようだ


DSC00825m3m3.jpg

まずは揚げ蕎麦が出てきた
温泉旅行だったらこいつで日本酒ちびちびやりたいところだ・・


DSC00826m3m3.jpg

昨晩からインスタント麺しか食べてないので、昼は奮発して舞茸天そば1300円+150円で粗挽き蕎麦に

DSC00827m3m3.jpg

更に追加で普通のせいろも

さすがに二枚食うと満腹だな・・いやあ満足

ここ四万温泉は草津ほど混んでなくて、静かな山間の渓谷沿いにあり、温泉旅行でまた来たい所だ



さて、午後は草津方面に戻り、日本屈指の絶景ロード・志賀草津道路へ向かう

2日目後編へ続く



関連記事
   

コメント

Re: No title
確かに間違っておりました、修正しました。
ご指摘大変感謝します、ありがとうございました。

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。