圏央道相模原区間ついに開通 東名-関越道が接続し東北道も接続予定

map.gif
遂に6月28日に首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の相模原愛川インターチェンジ(IC、厚木市)-高尾山IC(東京都八王子市)間の延長14.8キロが開通しましたね。

今回の開通はマスコミ各社が一斉に報じていますが、何故これだけ騒がれているかというと東名と関越道が繋がれたことで、周辺住民や首都圏の人間だけでなく多くの日本人にとって利便性が高まるからなんです。

そこで今回は我々ツーリングライダーにとってどんな恩恵があるのか考えてみました。


東名と関越の接続 北海道ツーリングにも便利

今回の相模原区間の開通のメリットはまずなんと言っても東名と関越の接続!
これにより神奈川や東海地方から群馬・新潟方面へ行きやすくなります。


map2.gif


これは北海道ツーリングで新潟から新日本海フェリーを利用する場合にも当然行きやすくなります。
実際私は一昨年の北海道ツーリングで新日本海フェリーに乗るために関越で新潟まで行きましたが、まず中央道に乗るために八王子まで下道で行かねばならず高速乗るまでに1時間以上かかってクタクタになってしまいました。それが今回の相模原区間開通により時間や疲労の短縮につながります。


また、日本有数の絶景道で有名な志賀草津道路へも日帰りで行きやすくなりますね。

中越地方や群馬・埼玉県民にとっても、富士山や伊豆半島ツーリングに日帰りで行きやすくなります。



2014年度中には東北道とも接続予定

圏央道が繋げるのは東名と関越だけじゃありません。
2014年度中には桶川北本~白岡菖蒲区間も開通予定で、これにより東北道とも接続することになります。


map3.gif

これにより神奈川や東海地方から首都高を回避して東北地方へ行くことが可能になります。
裏磐梯ツーリングも日帰りで行きやすくなりますね。

また、東北地方の方も首都圏を回避して富士山へ行くことが出来るようになります。
是非東北地方の方々もこれを期に富士山見に来て頂きたいですね。


というわけで、圏央道開通はツーリングライダーにとってかなり便利なものになることはお分かりいただけたかと思います。

日帰りでロングツーリングに行きやすくなることは、なかなかまとまった休みが取れない自営業等の忙しい人にとっては行ける選択肢が増えて大きいですよね。

あとは二輪ETCの助成金と二輪高速料金の値下げをしてもらえたら言うことはないんですが・・。


関連記事
   

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント