Youtubeが遂に60fpsに対応へ ぬるぬる動画再生が可能に

youtubelogo1.jpg
昨日Youtubeが60fpsをサポートすることを表明しました。
今までYoutubeは60pで撮影した動画をUPしても強制的に30fpsに変換されてしまっていたのですが、これで滑らかな車載動画やGoPro動画の視聴が可能になります。






まだ一般対応の開始時期は不明なものの、既にゲーム会社の公式チャンネルで60fps動画が公開されています。

※ぬるぬる再生するには設定を1080pに変更してください


さすが60fps、一目瞭然でぬるぬるですね。

この60fps対応はゲーム動画だけでなく、激しい動きを撮影するGoPro・アクションカム動画や車載動画にも大いに恩恵があります。


GoProはHERO3以降1080p60fps撮影が出来るようになり、バイク車載動画等の振動やブレの影響を受けやすい撮影においてぬるぬるで高画質な撮影が可能になったわけですが、Youtubeにアップロードすると強制的に30fpsに変換されてしまうため、せっかくのぬるぬる動画もカクカクになりブロックノイズが発生したりしてしまっていた訳です。



Youtubeへのアップロードによる30fps変換によりブロックノイズが発生してしまった事例



この動画はGoproで1080p60fpsで撮影した生データを無劣化カット編集してそのままYoutubeにアップロードしたものですが、ブロックノイズが激しく発生してしまっています。当然元データはこれよりぬるぬる高画質でブロックノイズも発生していません。今回の60fps対応によりこのような現象が解消されることが期待されます。



そして気になるのが、今までアップロードした60fps動画も60fps再生できるようになるのかということ。
私は今までも基本的に60pで撮影&アップロードしていましたのでここは是非実現してほしいところ。




旅先で撮影データをUPし動画専用クラウドストレージとしても期待

北海道ツーリングのような泊まりがけの旅でGoPro等のビデオカメラで高画質で連日長時間撮影しようとすると、SDカードを何枚も持っていくか、モバイルノートPCを持って行って都度データをHDDに退避させるしかなかったわけですが、60fps対応で撮影動画データ専用のクラウドストレージとしての利用も期待できます。

Youtubeはアカウント確認操作をしておけばアップロード容量の制限がなくなるので、旅先のwifi環境のあるホテル等で寝ている間に大容量の撮影データを非公開でアップロードしておき、翌朝SDカードを空にしてまた撮影ということを繰り返すことができます。更にYoutubeはダウンロードサイトやツールを使用することで動画データをダウンロードできる(自分が著作権を有する動画であれば合法)わけですが、今までは30fpsに変換された動画、つまり劣化した動画しかダウンロードできませんでした。今回の60fps対応により当然60fpsでのダウンロードも可能になると思われ、元データ並の高画質でのダウンロードも期待できます。つまり旅先でYoutubeにUPしておけば帰ってきてからYoutube上で編集して素早く公開できるだけでなく、ダウンロードしてHDDに保存できるわけで、動画専用のクラウドストレージとしての利用価値も高まります。SDカードは旅先で紛失したりしたら動画データはパーですが、Youtubeのサーバーがダウンしてデータが失われることはまずないと思います。




いや~待ちに待ったYoutubeの60fps対応、一般対応が待ち遠しいですね。
一般対応が開始されたら、GoProで撮影したバイク車載動画で30fpsと60fpsの比較なんかもしてみる予定です。



関連記事
   

コメント

No title
フレームレートは無関係ですよ〜
ビットレートの問題です。
※常時SSL対応作業が完了するまでの間コメント入力欄を一時停止中です。