バイクツーリングに使える軍用防水ブーツ BATES デルタ-8 ICS ゴアテックス

s-DSC00054.jpg
梅雨も真っ只中でツーリングも一休みといった感じで、夏のキャンプツーリングに向けて道具や装備の準備・手入れをしている今日このごろですが、この機会にまだ詳しく紹介していなかった装備品やキャンプ道具を紹介・レビューしていきたいと思います。

まず今回紹介するのはブーツ!キャンプツーリングや林道ツーリングにも愛用しているゴアテックス防水ブーツ「BATES デルタ-8 ICS」です。



 
BATES ミリタリーブーツ DELTA 8 Goretex

BATESとはアメリカのシューズメーカーで、アメリカ軍にタクティカルブーツ(軍用コンバットブーツ・ミリタリーブーツ)を供給しているガチな会社。このDELTA8というモデルはそんなBATES社のタクティカルブーツの中でも主力の商品になっています。前述の通り軍用ブーツなわけですが、その丈夫さと機能性からバイク用ブーツとしても人気で、実際バイク用品店でも取り扱われているブーツになっています。


s-DSC00052.jpg

もう2年近くツーリングや林道ツーリングにも使用しているのですが、まだまだヘタっていません。
本当は林道ツーリングには防御力の高いオフブーツが良いんですが、自分の場合あちこち寄り道したりバイクを降りて歩いたりするんで、この歩きやすくてそこそこ防御力のあるDELTAはまさにうってつけ。



s-DSC00053.jpg

ソールのグリップ力はとにかく強力。
また、土踏まずの部分は結構丈夫で、セローの尖ったステップでギアチェンしてもあまり削れていません。



s-DSC00054.jpg
サイド外側

DELTAシリーズにはいくつかサイズがあるのですが、この8はミドルサイズに位置することになるでしょうか
くるぶしから上10cmくらいをカバーします。
バイク旅ではあまり長いブーツだと脱ぎ履きしにくいし、逆に短いとズボンの袖がバタついたり雨風が入ってきたりしてしまうのですが、これは絶妙な長さです。



s-DSC00055.jpg

サイド内側にもジッパーを備えているのがこのブーツの特徴
とにかく脱ぎ履きがしやすくテントの出入りなんかの時に楽なんでキャンプツーリングに最適ですね



そしてこのブーツのもうひとつの特徴がこれ!

s-DSC00056.jpg

ICS

このICSとは何かというと、内側のかかとの部分に秘密があります

s-DSC00057.jpg

この青いゲル状のものは取り出すことができまして

s-DSC00060.jpg

裏側が高さの違う凹凸になっています。



s-DSC00059.jpg

これをかかとの部分に角度を変えて装着することで履き心地を買えることができます。
試しに角度を90度ずつ変えてみると、本当に履き心地がガラッと変わるんですよねこれ。
足の形や用途によってベストなセッティングを見つけておけば夢の様な履き心地を手に入れられます。



そして3つ目の特徴は、GORE-TEX防水であること!

s-DSC00081.jpg

今回手入れをする際にシャワーで5分ほど水を浴びせ続けましたが浸水しませんでした。
さすがはGORE-TEXですね。
個人的には、ちょっと高くてもGORE-TEXモデルを買っておいたほうがブーツカバーを買って雨がふるたびに着けるなんて必要も無くなるんでオススメです。




s-DSC09903.jpg

実際林道ツーリングで使用する際はこのようにブーツの内側までカバーするプロテクターを装着して使っています
爪先の部分が硬くなっているんでギアチェンで足の指が痛くなることもなくライディングしやすいですね

総評

とにかく丈夫で歩きやすく、街歩きからライディング、トレッキングまでこなすもオールラウンダーなブーツです。
そしてなによりライディングブーツと違ってそのまま街を歩いても違和感がないのがいいですね。
サイドジップで脱ぎ履きしやすく防水で蒸れない、まさに最強のアドベンチャーブーツではないかと思います。


 
BATES ミリタリーブーツ DELTA 8 Goretex

>>amazon BATESラインナップはこちら


関連記事
   

コメント

またまたお久しぶりです~
またまたフラっとお邪魔します。typeRです(笑)

あ~。このシューズ良さそうですね!!ちょうど、ライディングブーツを変えたいな~と思っていたところなのです。そして、ちょうどこんなのを探していました(笑)が!私の場合、靴のサイズが29.5cmなので・・・履けるかな~?ちょいっと、暇見つけて。店頭に置いてあるお店へ行ってきます。

オフブーツは、持っているのでね。ツーリングブーツ=バイクに乗る時の普段履きとなるので。ちょうど、こんな感じのが良いんですよね(笑)

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント