【レビュー】新型cheero Energy Plus 12000mAh大容量モバイルバッテリー

s-DSC09811.jpg
夏のキャンプツーリングに備え、今回大容量モバイルバッテリーを新調しました。今月発売されたばかりのcheeroの新モデル、 Energy Plus 12000mAhです。

スマホ、タブレット、デジカメ、GoPro、etc..
旅やツーリングには色々なガジェット(ポータブル電子機器)を持っていくことになり、電源の確保が必要となりますが、キャンプツーリングではテント内での電源確保の為に大容量モバイルバッテリーが必須となります。




一昨年の北海道ツーリング等の長旅に持っていったモバイルバッテリーはこちら

mb3.jpg

容量は左から1000mAh、5400mAh、10000mAh

1000mAhは軽くて小さいので常時携帯の非常用電源用
5400mAhは持ち歩き用のメイン電源
10000mAhはバイクに積んでおいてテント用電源に

自分の場合バイクのシガソケ&USB電源もあるので日中は3つもいらないですが、テントで就寝中にスマホ、デジカメ、GoPro、ブルートゥースヘルメットスピーカーを同時充電したいので4ポートは必要になります。

一昨年の北海道ツーリング時は道東で同じキャンプ場に2人で3泊したのですが、これだけ容量があればモバイルバッテリーを持っていなかったもう一人とシェアしても足りました。


しかしこの初代cheero、しばらく使ってない間に劣化してしまったので、夏のキャンプツーリングまでに大容量モバイルバッテリー買い換えようと思っていた所、丁度今月新しくcheero Energy Plus 12000mAhがamazonで発売されたので購入。早速高評価レビューも沢山付いて売れに売れまくってる様子。



cheero Energy Plus 12000mAh マルチデバイス対応 大容量モバイルバッテリー



cheero Energy Plus 12000mAh レビュー

届いたので開封していきましょう

s-DSC09804.jpg

パッケージは相変わらず安っぽいですね。まあこれも安さの理由でしょうか



s-DSC09805.jpg

本体と全付属品
肌触りの良いポーチが付いてきます



s-DSC09806.jpg

2.0A対応のアダプターとUSBケーブルも付属
旅に持っていくアダプターは2ポート以上&コネクター折りたためないと不便なので、これは自宅専用になりそう




s-DSC09810.jpg

スペックはご覧のとおり
出力2.1A&1A
入力は1.6A
入力は初代の1Aより早くなってます

ボディの質感はサラサラとしたマットな質感で滑りにくくていい感じ



s-DSC09808.jpg

サイドのボタンを長押しするとLEDライトが転倒する機能も備わっています

s-DSC09998.jpg

これは夜テント内で、ランタン程明るくないちょっとした明かりが欲しい時や、非常用の明かりに便利




s-DSC09813.jpg

一般的なサイズのスマホとの大きさ比較



s-DSC09811.jpg

初代cheeroとの比較
無骨なデザインの初代も嫌いじゃなかったですが、デザインはオシャレになりましたね



s-DSC09812.jpg

サイズは縦に伸びた分薄型に
バッグのポケットなんかに入れやすくなりました
重量は少し軽くなったものの275gありますので、持ち歩きにはやや重たいですね




s-DSC00003.jpg

バイクへの積載を考えて、付属のポーチではなく100均で買ったクッション性のあるポーチに入れておきました。

容量も10000mAhから12000mAhに増量しましたし、これで長旅・キャンプツーリングでも電源の心配はないですね



まだ実戦で使い込んでないのであっさりレビューになりましたが、信頼と実績のcheeroなんで問題はないでしょう。
梅雨明けに早くキャンプツーリングに持って行きたいですね。



cheero Energy Plus 12000mAh マルチデバイス対応 大容量モバイルバッテリー


関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。