【レビュー】ズレにくく歩きやすいニーシンガード コミネ トリプルニープロテクター3 SK-608

s-DSC09903.jpg
裏磐梯の舗装林道で浮き砂で転倒して膝をおもいっきり擦りむいて以来ニーガードを必ず付けてツーリングに行くようになったのですが、今まで使っていたラフローのニーパッドのゴムが伸びてしまいすぐにズレるようになってしまったので、今回ニーシンパッドを新調しました。

先日早速林道ツーリングで使ってきましたのでレビューしていきたいと思います。



約1年の使用でゴムが伸びきってしまったラフロのニーガード

s-DSC09828.jpg

軽くて手軽で良かったんですが、あまりにもゴムが弱すぎますね。
たった1年でデロンデロンになってしまうとは。

ゴムベルト買ってきて縫い付ければまだ使えるけど、この際もっと防御力の高いニーシンガードに新調することに。

で、買ったのがこちら


コミネ KOMINE 04-608 トリプル ニープロテクター3 ブラック フリー SK-608


実は初コミネでございます。



s-DSC09825.jpg

届いてみての第一印象は、けっこうデカイ




s-DSC09827.jpg

このニーシンガードを買った最大の理由が、トリプルという名の通りゴムベルト3箇所で固定できること!

実物見ずに買いましたが、ゴムベルトがラフロの倍くらいの厚みがありかなりしっかりしていて
更に伸びやすい膝部分のゴムベルトはなんと2重!

これならすぐにゴムが伸びることも、ズレることもなさそう




s-DSC09831.jpg

ガードもしっかり厚みがありつつも柔軟性があり、防御力と歩きやすさ両方を両立できそう




s-DSC09829.jpg

外側のふくらはぎのガードまで付いてます
林道で藪こぎする時なんかにもいいですねここがあると




s-DSC09830.jpg

裏地はこんな感じ
ソフトで付け心地がよくムレないようになっています



早速林道ツーリングで使ってみました

s-DSC09876.jpg

足首付近までしっかりとガードできます

サイズはジャストフィットでした。
※私はふくらはぎが細い方ですが、日本人は農耕民族だった為ふくらはぎが太い人が多いと言われています。
このニーシンガードはフリーサイズですがふくらはぎの太い人だとちょっと窮屈に感じるかもしれません。




s-DSC09903.jpg

ライディングポジションではこんな感じ
柔軟性があるためしっかりフィットします。
安心感が半端じゃないですね。

また、バイクを降りて登山道をトレッキングしてみましたが問題なかったですね。

この日は気温の高い夏日でしたが、一日中付けていても蒸れることも、痛くなることもありませんでした。



いや~コミネ恐れ入りました。
欠点も見当たらず、ライダーのことをよく考えられて作られていてすばらしい。
最初からこれ買っとけばよかったと思いましたね。



最後に、ツーリングに行くならニーガードは必ず付けるようにしてください。

私は一昨年舗装林道で転倒し、左膝を摩りおろされました。
傷の深さは骨が見えるほどではなかったですが、傷が塞がるまで1ヶ月以上かかりましたし、痛みが完全に消えるまで半年以上かかりました。
傷跡は二年近くたった今でも残っていますし、今でも机の角に左膝をぶつけたりするとまだ激痛が走ったりします。
バイクで転倒すると高確率で膝を打ちますので、ニーガードだけは付けるようにしてくださいね。





コミネ KOMINE 04-608 トリプル ニープロテクター3 ブラック フリー SK-608



関連記事
   

コメント

No title
このプロテクター最高ですよー!
 
2年前から私も愛用しているのですが、未だにゴムのゆるみとか本体の大きな損傷もなく(何度か転倒して傷付いてはいますが)しっかりと身体を守ってくれています。

着脱も楽ですし、耐久性もあって価格もお手頃なので、バイク乗る人にはぜひ使ってもらいたい商品ですよね。

コメントの投稿

※タイトル・URL欄は空欄のままで投稿できます。
※不適切なコメントは投稿が出来なかったり削除される場合があります。
非公開コメント