オフロードバイク(セロー250)の暗いライトを明るくする方法まとめ

DSC09473.jpg
購入当初のインプレでも書いたとおり、セロー250のヘッドライトは暗い。一度夜の林道を走った時は路面状況が見えなくて恐怖だったし、夜の新東名でも怖い思いをした。これはなんとかしたほうがいいと思いつつも今までノーマルのままで乗ってきたわけですが、今回ついにこの問題を解決することにしました。

暗さ改善方法は、主に社外バルブ交換、HID化、フォグランプ設置の3つがありますが、今回はこれらの方法についてのメリット・デメリット等についてまとめておきたいと思います。


バイクのライトの暗さは死活問題

セローに限らず250ccのオフ車(デュアルパーパス)は基本的にライト小さく暗い場合が多いです。
山道等では基本的にハイビームにするわけですが、そうすると今度は足元周辺が暗くなるので、ハイビームにしろローにしろどっちも怖い思いをすることになります。これは高速走行の時も同じですし、未舗装林道だったらめちゃくちゃ怖いです・・。

街乗り等では暗いと思う場面は少ないですが、問題は対向車から見た時の見え方!
ヘッドライトが小さく1灯でウィンカーボジションランプも無いため、無知なドライバーから見たら原付と勘違いされるおそれがあります。実際夜間の方が際どいタイミングで右折してくる車が多いように感じますし、これは死活問題ですね。

というわけで今回は自分の命を守るためにもセロー250の明るさUPに取り組みたいと思います。



社外品ハロゲンバルブ交換



RAYBRIG 2輪車用ハイパーハロゲン [ ホワイトサンダーS ] RR95 [ 1個入り ]



まずライトを明るくする方法として昔から定番なのがPIAA等の社外品のハロゲンバルブに交換するという方法。

ヘッドライトのバルブを交換するだけなんで手軽ですね。

経験上、確かに明るくなるのですが、その分寿命も短く、半年1年で切れたりしますのでコスパは良くないです。
ツーリングに行く際は予備のバルブを常備しておく必要が出てきます。

また、対向車からの視認性UPという点ではあまり効果がないので、今回この方法は候補から外れます。


HID化



JAFIRST HID YAMAHA セロー250 H4 Hi/Lo 35W 4300K-15000k リレーレス 1灯高性能交流式デジタルバラスト一年保証



バイクのHIDもすっかりおなじみになりましたね。
最近では随分と低価格化して取り付けも簡単になってきているようです。

ハロゲンライトとの明るさの差は一目瞭然ですが、HIDにも振動に弱いという弱点があり
オフロード車両にはあまり使われないようですね。

自分は林道ツーリングによく行くのでトラブルの元となる要因はなるべく避けたいところ。
というわけで今回HID化は見送り。



フォグランプ

g0102Q3PPIA021902.jpg

PIAA(ピア) YAMAHA セロー250専用LEDフォグランプキット MLSE1



フォグライトはヘッドライトの他に更に補助灯を増設する方法。

本来の用途は濃霧が発生した時に使うものだったようですが、LEDフォグランプが一般化した現在では本来の意味合いは薄れてきています。

この方法のメリットとしては、ライトの数が増えるので対向車に対して存在を強力にアピールできますし、ドレスアップにもなります。

対向車に原付と間違われることもなくなるだろうと期待して今回はフォグランプを導入してみることにしました。


セロー250には専用のLEDフォグランプキットが出てまして、amazonで5千円引きだったんで最後までポチるか迷いましたが、汎用で安いLEDフォグライトを見つけたので今回は自作取り付けに挑戦してみようと思います。



COM MI-SL10W-NR 狭角(10度) 10W スポットLED作業灯 農業機械 オフロード車両や公園 庭の照明など フォグランプ



次回取り付け編にて詳しく紹介する予定です。



関連記事
   

コメント

コメントの投稿

※不適切なコメントはブロック・削除になる場合があります。